まず聴くべき洋楽R&Bはこれ!エモいおすすめ曲を紹介

音楽

まず聴くべき洋楽R&Bはこれ!エモいおすすめ曲を紹介

「No music, No life」と言われるほどに私たちの生活を彩ってくれている音楽たち。「あの頃」をふと思い出させてくれるモノも音楽だったりしますよね。

そんな音楽の中でも一番感情移入できるジャンルといってもいいでしょう洋楽R&B。今回はその中で私の思うエモくてエモーショナルなおすすめ曲を紹介しようと思います!

R&Bとは

普段なんとなしに「R&B、アールアンドビー、RnB」といっていますが、どういった意味なのか知らない方も多いかと思いますので、少し説明します。

R&B=Rhythm and Blues(リズムアンドブルース)

R&Bはジャズやゴスペル、ブルースといったジャンルを組み合わせた音楽ジャンルの1つで、ブラック・ミュージックの1つとしても知られています。

もともと1940年代後半にアメリカで作られた音楽で、 R&BミュージックはモダンなR&Bサウンドを生み出すために長年にわたって進化してきました。

R&Bは1940年代後半から50年代にかけて金管楽器や木管楽器、ドラム、そしてピアノとヴォーカルで構成されていました。

現在のR&Bミュージックは以前の世代のブルース 、ゴスペル、ジャズのジャンルだけではなくポップビートや文化に焦点を当て、その前身とは明らかに異なるサウンドを繰り広げているという印象。

 

こういった堅苦しい文字でルーツを説明してもあれだと思うので、早速おすすめする洋楽R&Bを30曲紹介していきます!

30曲以降は番外編としてオルタナティブR&Bといったジャンルの曲を紹介しています。


スポンサーリンク

まず聴くべき洋楽R&Bのおすすめ曲を紹介 1〜30

This Is Us/Keyshia Cole (2008)

まずこの曲でR&Bを感じてください。R&Bミュージックは低音が強めの曲が多いのですが、この曲はソフトな耳触り(舌触り的な)で、すっと飲み込めてしまうサウンド。何よりキーシャコールの美声が気持ち良すぎてそこも含めて聴き応えありです。


スポンサーリンク

Stickwitu/The Pussycat Dolls (2005)

こちらもエモさしかないおすすめ曲。スローテンポでオールドスクールなサウンドが心地良すぎる一曲です。Stickwituは「Stick with you」という言葉をつなぎ合わせた造語です。

About a Boy/Tiffany Evans (2005)

イントロから心つかまれるメロディーで、Tiffany Evans(ティファニー・エヴァンス)の歌声のエモーショナルさ120点。どこか夜っぽさが感じるのもイイですね。


スポンサーリンク

Lay It Down/Lloyd (2010)

言わずと知れたLloyd(ロイド)の名曲。男性とは思えない声の高さとソフトなサウンドが超エモいです。

Refil/Elle Varner (2012)

夜っぽい雰囲気なサウンドの中に温もりを感じるピースフルな一曲。楽しかったデートの帰り道に聴くとさらにいい1日だったと思えること間違いなしです。

Doing Too Much(feat.Baby Bash)/Paula DeAnda (2006)

ソフトなサウンドとボーカルで聴き心地抜群の一曲です。

Big Girls Don’t Cry(Personal)/Fergie (2006)

イントロのアコギがThis Is Us/Keyshia Cole (2008)ぽさのあるエモ曲です。R&Bの中ではテンポ早めで、爽快感のある一曲。


スポンサーリンク

Not That Kinda Girl/JoJo (2009)

イントロからエモさ抜群でオールドスクールR&Bが心地の良いサウンド。あまり知られていない隠れ名曲です。

Never Gonna Let You Go/Tina Moore (1995)

ナイトグルーブな夜の旅に出たくなるようなサウンドがR&Bの特徴だったりしますが、まさにこのNever Gonna Let You Goがその典型。めちゃくちゃオシャレな夜って感じがGoodです。

Dilemma/Nelly,Kelly Rowland (2002)

Nelly(ネリー)の超有名曲。ソフトで甘めなサウンドに、Nellyと女性ボーカルと掛け合いが良い感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました