Keyshia Cole(キーシャ・コール)のおすすめ曲10選!女性R&Bシンガーのトップランカー

Keyshia Cole 画像音楽
引用:Twitter

Keyshia Cole(キーシャ・コール)のおすすめ曲10選!女性R&Bシンガーのトップランカー

90年から00年代前半にかけてMariah CareyやBrandy、Alicia KeysといったR&Bシンガーが人気を集めていた時代に負けず劣らず注目を集め続けていたシンガーの一人であるKeyshia Cole。

全盛期が過ぎ去った今でも熱狂的なリスナーが多く数ある名曲は聴き続けられています。そんな彼女の力強く、時に甘いR&B楽曲のおすすめ曲を系統別に紹介します。

Keyshia Cole(キーシャ・コール)とは

Keyshia Coleはアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身の女性R&Bシンガーソングライターとして活動しています。兄ショーン・コールはラッパーのNutt-So。

幼少期からラッパーM.C.ハマーのレコーディングやメッシー・マーヴの楽曲にコーラス参加するなどの実力派で、音楽キャリアはそこからスタート。

2005年のデビューアルバム「The Way It Is」が150万枚を超える大ヒットを遂げ、米ビルボードチャートでは最高6位にランクインし、注目を集めました。

その後2007年の2ndアルバム「Just Like You」ならびに2008年の3rdアルバム「A Different Me」が米ビルボードチャートで2位にランクインしThe Way It Isを合わせた3枚がプラチナディスクに認定されたことでも有名です。


スポンサーリンク

Keyshia Cole(キーシャ・コール)のおすすめ曲10選

Let It Go/Keyshia Cole, Missy Elliott, Lil’ Kim (2007)

アルバム「Just Like You」からのナンバー。同じくR&Bシンガーとして人気のあるMissy Elliottと女性ラッパーLil’ Kimがフューチャリングした人気曲。無駄のないサウンドメイクとボーカル、ラップの噛み合いがよくメリハリがあります。

This Is Us/Keyshia Cole (2008)

アルバム「A Different Me」からのナンバーで、キックも控えめでソフトなR&B。エモーショナルに響き渡るKeyshia Coleの歌声が甘く癒されます。

始めのパート

I’m like a sunday morning,
you’re like friday night.
And when we kiss,
the perfect weekend,
no rain in sight.

は歌詞という音楽的要素の本質を捉えているかのような詩的なものになっているので、歌詞に注目して聴くのもおすすめです。


スポンサーリンク

Trust/Keyshia Cole, Monica (2008)

アルバム「A Different Me」からのナンバー。甘めでありながらGrime要素を加えたドラマチックな一曲

Incapable/Keyshia Cole (2017)

アルバム「11:11 Reset」からのナンバーで、フックの響き渡るエモーショナルボーカルが10年前のアルバム「Just Like You」からの衰えを感じさせない一曲です。


スポンサーリンク

Enough Of No Love/Keyshia Cole, Lil Wayne(2012)

アルバム「 Woman to Woman」からのナンバー。クリアで力強いドラムスが印象的なR&Bミュージック。

Take Me Away/Keyshia Cole (2010)

アルバム「Calling All Hearts」からのナンバーで、R&Bシンガーのトップランカーである象徴的な一曲。


スポンサーリンク

Heaven Sent/Keyshia Cole (2007)

アルバム「Just Like You」からのナンバー。クリアなトラックにマッチした透き通った歌声と合の手の「Sent from Heaven」というフレーズが印象的。

Love/Keyshia Cole (2005)

アルバム「The Way It Is」からのナンバーで、世にKeyshia Cole旋風を巻き起こした立役者的な一曲。

You Complete Me/Keyshia Cole (2008)

アルバム「A Different Me」からのナンバー。落ち着いたゴージャス感漂うR&B。

Fallin’ Out/Keyshia Cole (2007)

アルバム「Just Like You」からのナンバー。甘すぎる歌声ときれいめのメロディラインに感無量です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました