WurtS(ワーツ)の楽曲「檸檬の日々」がSNSで話題沸騰!21世紀生まれのマルチアーティスト

WurtS ワーツ 檸檬の日々 画像 Music
引用:Twitter

WurtS(ワーツ)の楽曲「檸檬の日々」がSNSで話題沸騰!21世紀生まれのマルチアーティスト

YouTube、TikTokを中心に熱を帯び始めてきているマルチアーティスト「WurtS」

2021年3月にリリースしたEP「檸檬の日々」のリード曲である「檸檬の日々」がSNSで話題を呼び、Spotifyが作成するプレイリスト「バイラルトップ50」にもピックアップされました。

彗星の如く現れたマルチアーティスト「WurtS」とは

WurtS(読み方:ワーツ)は21世紀生まれのYouTube、TikTokなどのSNSを中心に活動するマルチアーティスト。

作詞・作曲というソングライティングだけでなく編曲・プログラミングそしてアートワークやMVなどの映像媒体すべてをセルフプロデュースしていることがマルチアーティストと言われる所以です。

2020年、YouTubeにてオリジナル楽曲の投稿をスタート。

2020年11月、1stアルバム「資本主義の椅子」を各音楽ストリーミングサービスで配信しデビューを果たし、2021年1月にTikTokにて投稿した楽曲「分かってないよ」がバズったことでスポットライトを浴びます。

分かってないよ/WurtS

@nia_n_

##オリジナル曲

♬ 分かってないよ – WurtS


その後幅広いリスナーから認知され、満を持してリリースした1stEP「檸檬の日々(れもんのひび)」のリード曲「檸檬の日々」がSNSでバズり、YouTube再生回数は1ヶ月足らずで20万回再生をマークしました。

分かってないよ (Music Video)



スポンサーリンク

WurtSの音楽性

WurtSはインディーロックやポップス、ダンスミュージックなど多種多様なジャンルのエッセンスを交えた楽曲が特徴的です。

1stアルバム「資本主義の椅子」では全体的にインディー、ハードロック色の強い曲調のものが多かったのですが、1stEP「檸檬の日々」の収録曲「Talking Box」はエレクトロニック全開のダンスミュージックに仕上げています。

Talking Box/WurtS


それだけでなくWurtSはTikTokにてデジタル音源ではリリースされていない楽曲も投稿しており、その中の楽曲「Subterranean People」を聴いたリスナーからは

「サカナクションとVaundyを足した感じで素敵だ」

というコメントが寄せられており、マルチに活動しているからこその参照の幅広さとトラックメイクの秀逸さが伺えます。

Subterranean People/WurtS

@nia_n_

##オリジナル曲

♬ Subterranean People – WurtS


「檸檬の日々/WurtS」のレビュー

アップテンポでキャッチーなリズムで展開されていくポップロックミュージック。

エッジの効いた特徴的な低音と裏声を使い分けたボーカルサウンドで歌い上げることでメロディをより活き活きとしたものにしています。

「いろんな壁にぶつかり不安や焦りを感じるかもしれないけれど、ただ存在しているだけの今を過ごしていても新しい何かに出会うことすらできない」

と訴えかけられているような歌詞がこの楽曲「檸檬の日々」が伝えたいもののひとつであることが伺えます。

MVも縦長の16:9のアスペクト比で撮影されているため新鮮さを感じました。TikTokブームに合わせ、TikTokのフォーマットにマッチするようにしたのかも知れませんね。

曲名「檸檬の日々」の意味

檸檬の日々。なんとも抽象的な曲名なのでそこに込められた意味が気になったリスナーも少なくないと思います。


ここで用いられる「檸檬」という言葉は生活の中に存在する「美しさ」を意味しています。

皆さんは梶井基次郎の短編小説「檸檬」をご存知でしょうか。



その中で描かれる檸檬とは「美しさ」として扱われ、「人が抱えているえたいの知れない不吉な塊」対極であり、そして対等な存在であると語られます。

なぜ檸檬がそのような存在として扱われているかはここでは省略しますが、上記で述べた「檸檬の日々」という楽曲が訴えているものとなぞらえるとするなら、

「いろんな壁にぶつかり不安や焦り(人が抱えているえたいの知れない不吉な塊)を感じるかもしれないけれど、それを体験しなけらば同じくらいの喜びや幸せ(美しさ)は得られない」

と言い換えられるのではないでしょうか。

※あくまで「檸檬」の意味は考察に過ぎませんので、リスナーによって受け取るメッセージは違うと思います。



世界観が作り込まれており、聴きがいのある楽曲を多くリリースするWurtS。独創的でボーダーレスに活動する彼の活躍に期待が高まります。

Twitter

Instagram

TikTok

コメント

タイトルとURLをコピーしました