BASI(バシ)の人気・おすすめ曲を紹介 韻シストMCとしても知られる人気のラッパーに注目

BASI 画像音楽
引用:Twitter
WordPress開設

BASI(バシ)の人気・おすすめ曲を紹介 韻シストMCとしても知られる人気のラッパーに注目

1998年に結成し大阪を拠点に活動する生演奏ヒップホップバンドのパイオニアとして知られる韻シスト。そのリードMCとして結成当初から活動しているBASIのソロ楽曲が注目を浴びています。

ベテランラッパーから期待の新人ラッパーまで幅広いアーティストと楽曲制作をし、新たなヒップホップシーンを開拓している彼の人気・おすすめ曲を紹介します。

BASI(バシ)とは

この投稿をInstagramで見る

. new interview thanxxx @sixtypercent_official . 📸 by @k319w

BASI(@basirap)がシェアした投稿 –

BASI(本名:石橋隆之(いしばしたかし))は大阪を拠点に活動するラッパー。誕生日は1978年8月1日。

ヒップホップバンドである韻シスト(いんしすと)のメンバーとして結成当初から活動し、2009年関西を拠点に活動するラッパーのZIMBACKと「BASI&ZIMBACK」を結成し、アルバム「You know my steez?」をリリースしソロデビューを果たします。

2011年にソロアルバム「RAP AMAZING」をリリースしその年自身のレーベル「BASIC MUSIC」を設立。

2012年に2ndアルバム「VOICERATION」、翌年2013年に3rdアルバム「RAP U」、2014年には4thアルバムとなる「MELLOW」とコンスタントにリリースを続け韻シストと並行して注目を集め始めます。

2017年にリリースした5枚目のアルバム「LOVEBUM」をリリースした頃から他のラッパーからポップスアーティストまで幅広くフューチャリングを果たし、2019年には数多くの若手アーティストからカリスマアーティストとの共作が収録されたアルバム「切愛」をリリースし幅広いリスナーからの注目を浴びました。

人気アルバム「切愛」のリリースツアーは大好評により全公演ソールドアウト。


スポンサーリンク

BASI(バシ)の人気・おすすめ曲

愛のままに/BASI, 唾奇 (2019)

BASIの人気アルバム「切愛」の収録曲で最も注目を集めているこの曲は、沖縄県出身のラッパー唾奇との共作。2人の個性伺えるフロウとストレスフリーなメロディラインが心地よく完成度の高いヒップホップミュージックです。


スポンサーリンク

月ひとつ/BASI, 空音 (2019)

アルバム「切愛」からのナンバーで、新生カリスマラッパーとして注目を集める空音との共作。落ち着きのあるチルミュージックで、フックが一度聴くと頭から離れないほど印象的。2バース目から始まる空音のラップパートに加え、ピアノのメロディが心地いい一曲です。

これだけで十分なのに – ( BASI REMIX)/BASI (2019)

アルバム「切愛」からのナンバー。原曲は北海道出身のラッパー兼シンガーソングライターのTOCCHIが歌う「これだけで十分なのに」。無駄のないピースフルなメロディがエモく、キレのあるBASIのラップがマッチしているお勧め曲です。エモーショナルなリリックにも注目。


スポンサーリンク

Sweet Night Fever/BASI, Chara (2019)

シングル「Sweet Night Fever」からのナンバーで、シンガーソングライターであるCharaとの共作。完成度の高いナイトグルーヴな曲調とCharaのボーカルがエモく、その雰囲気を残しつつ、BASIのラップパートが少しのスパイスになっているおすすめ曲です。

Cool like that/BASI (2017)

アルバム「LOVEBUM」からのナンバー。フロウから感じられる韻シストMCとしてのBASI感と心地のいいメロディが夜の落ち着いた空間を連想させる一曲。真夜中のチルタイムにおすすめ。

かさぶた/BASI (2019)

アルバム「切愛」からのナンバーで、落ち着きのあるオールドスクールヒップホップなメロディと気張りすぎないBASIのラップのマッチングが完璧。フックに登場するシンガーソングライターのkojikojiが歌うコーラスもエモくてずっと聴きたくなります。

あなたには/BASI (2013)

アルバム「RAP U」からのナンバー。センス抜群にビートメイクされたイントロから乗れるBASIのフロウが印象的。夜中に垂れ流してゆっくりしながら聴きたくなる一曲です。


スポンサーリンク

RED/BASI, SIRUP (2019)

アルバム「切愛」からのナンバーで、オルタナシンガーとして注目を集めるSIRUPとの共作として人気を集めています。ヒップホップにフューチャーサウンドを加えたエレクトロな一曲。

相棒 feat. BASI/空音, BASI (2019)

人気曲「月ひとつ」でもフューチャリングを果たした空音のアルバム「Fantasy club」からのナンバー。チルなビートメイクと2人の気張らないラップが曲にさらなる落ち着きを与えています。

Groovin’ in the Sunshine (feat. BASI & 向井太一)/DJ HASEBE, BASI, 向井太一 (2019)

プロデューサーとして活動するDJ HASEBEの楽曲にBASIに加えシンガーソングライターの向井太一がフューチャリングした完成度の高い一曲です。ラップと安定に裏切らない向井太一の歌うサビが印象的。

COS – BASI/LUCKY TAPES, BASI (2018)

ミクスチャーロックバンドのLUCKY TAPESとの共作。R&Bやジャズといった要素を感じさせる曲調にBASIのゆったりとしたラップパートがスパイスとなっています。LUCKY TAPESのボーカルである高橋海のソフトな歌声も印象的な一曲。



現在ブログで主に楽曲紹介をしていますが、音楽ストリーミングサービスのSpotifyでもプレイリストを公開し個人的に今が旬な楽曲を定期的に更新しているので、そちらもチェックしていただけたら幸いです。

BASI(バシ)のライブや最新情報

韻シストのMCとしてはもちろん、ソロでも数多くのムーブメントを巻き起こすなどBASI。20年以上もヒップホップシーンで経験を重ねてきている彼の新たな活躍に期待が高まります。

彼のライブや最新情報は下記のBASIC MUSIC公式サイトやツイッターにてアナウンスされるのでそちらでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました