okkaaa(おっかー)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介 多様性に長けた期待の次世代ラッパー

okkaaa 画像音楽
引用:Twitter

okkaaa(おっかー)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介 多様性に長けた期待の次世代ラッパー

幅広い音楽性を吸収し進化を続ける日本語ヒップホップシーンで今人気を集めているのがZ世代アーティスト。

今回は巧みなラップセンスに加え、トラックメイク、ミュージックビデオの制作をセルフプロデュースするマルチプレイヤーのokkaaaを紹介します。

okkaaa(おっかー)とは

おっかーは東京を拠点に活動するマルチアーティストです。誕生日は1999年11月9日。

ラッパー兼トラックメイカーという音楽家の顔を持ちながらライターやフォトグラファーといった一面も持っています。

自身のミュージックビデオの制作や楽曲のジャケット、ホームページもセルフプロデュースしており、多岐にわたったインテリジェンスを展開していることでも知られています。

宇多田ヒカルやカナダ出身の音楽家Daniel Caesarなどのアーティストにインスパイアされ、ヒップホップやR&B、ゴスペルといったブラックミュージックを中心としたジャンル性が感じられます。

2017年9月にシングル「Lo – Fi」をリリースしデビュー。

2019年1月にシングル「シティーシティー」をリリースし、2月のSpotifyのバイラルチャートにランクイン。

その後同年3月に開催されたBIGUP主催のオーディション「TOKYOBIGUP!2019」にて審査員特別賞を受賞し幅広いリスナーからの支持を獲得します。

2019年7月から7ヶ月連続でシングル楽曲リリースプロジェクト「潜世界」をスタート。

2020年1月にはEnter Tech Lab主催のオーディション「CHACCA CHALLEGE」で最優秀賞を獲得しています。

音楽活動のほかに2018年12月にはフォトグラファーとして合同個展「渋谷の森とフレーム世界」を開催するなど、精力的に活動を展開。

その多彩な芸術性があらゆる分野のアーティストやプロデューサーに注目されている人気沸騰中のZ世代ラッパーです。


スポンサーリンク

okkaaa(おっかー)の人気・おすすめ曲

積乱雲/okkaaa (2019)

キャッチーに展開されていくチルなヒップホップチューンが心地いい人気曲です。

新鮮に響き渡るエレクトロニックサウンドと強めの低音、ソフトなボーカルとのマッチングが完璧。

積乱雲はEP「okkaaa pt.II」に収録されています。



スポンサーリンク

シティーシティー/okkaaa (2019)

EP「okkaaa – EP」からのナンバー。イントロから心地よく展開され、スローテンポと落ち着きのあるトラックにささやくようなボーカルがエモい一曲。


ミックスマスター/okkaaa (2019)

EP「okkaaa pt.II」からのナンバーで、ピアノ主体のイントロから心地よく展開されていくナイトグルーヴな一曲。

乗りのいいテンポ感と曲展開がキャッチーで、MVからはレトロフィルターやその他多くのギミックを駆使しておりMVプロデューサーとしての個性も感じられます。


スポンサーリンク

bubble/okkaaa (2019)

EP「okkaaa – EP」からのナンバー。センセーショナルなトラックメイクがおしゃれで、独特なフロウのラップパートやフックがめちゃめちゃ盛り上がります。

印象派の夢/okkaaa (2019)

EP「okkaaa pt.II」からのナンバーで、朝焼けの時間帯を想起させるようなサウンドとスローテンポの組み合わせが心地よく、ミッドナイトチルや朝帰りの帰宅中におすすめな一曲です。

(nineteen)swim/okkaaa (2019)

EP「okkaaa – EP」からのナンバー。小鳥のさえずりや三味線のようなサウンドで作り上げられるメロディから日本らしさが感じられる新鮮な一曲です。

Lo – Fi – Newly remix/okkaaa (2019)

シングル「Lo – Fi – Newly remix」からのナンバーで、デビュー曲をプロデューサー兼トラックメイカーのNewlyがリミックスしたチルいLo-Fiヒップホップミュージック。

ゆっくりしたい休日の朝や週末の夜のリラックスタイムにぜひ聴いて欲しいおすすめ曲です。


スポンサーリンク

DIVE (feat. okkaaa)/ANIMAL HACK, okkaaa (2020)

音楽プロデューサーデュオANIMAL HACKとの共作。

ポップスやFUTURE BASS、ヒップホップなど多彩なジャンル性が感じられる完成度の高いメロディにソフトな歌声で歌い上げるラップパート、フックがエモいです。

PLANET TOKYO/PLANET TOKYO, ZIW, NSK, HALELU, Akusa, Ole, Chapapa, okkaaa, prod.by ニューリー, PULP_K (2020)

Z世代ラッパーで構成されたアーティスト・コレクティブであるPLANET TOKYOからのホットな一曲。

個性豊かに楽しくフロウする複数のラッパーのマイク回し、フックの女性ボーカルなどヒット不可避な練りこまれた曲構成にハマること間違いなしです。

Drive/Yackle, okkaaa (2020)

独創性豊かな音楽プロデューサーYackleとの共作。

キャッチーなFUTURE BASSに乗せる優しいボーカルとサビのダンサブル具合がハンパなく気持ちよく、夜のドライブで流したくなる一曲。





現在ブログで主に楽曲紹介をしていますが、音楽ストリーミングサービスのSpotifyでもプレイリストを公開し個人的に今が旬な楽曲を定期的に更新しているので、そちらもチェックしていただけたら幸いです。


okkaaa(おっかー)のライブや最新情報

音楽だけでなく数多くの分野で活動の幅を広げる今の時代らしさのあるマルチあーテイストであるokkaaa。

今後も新たなムーブメントを展開し支持を集めていくことが期待される彼のライブや最新情報は下記の公式ホームページからチェック可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました