Mura Masa(ムラマサ)のおすすめ曲10選!

音楽

ここ数年で日本愛好家の海外アーティストや俳優が増えてきました。その中でも日本での知名度が高いMura Masa(ムラマサ)。

日本のアニメも大好きで、曲中やCDジャケットにも日本語を入れるほどのトップクラスの日本愛好家です。今回はそんな彼のお洒落でカッコいいおすすめ曲を紹介していこうと思います!

Mura Masa(ムラマサ)とは

本名:Alex Crossan (アレックス・クロッサン)

 1996年4月5日生まれのガーンジー島(イギリスとフランスの中間にある小さな島)出身。 エレクトロニックミュージックプロデューサーやソングライター、トラックメーカーです。

Mura Masaの有名曲「 Lovesick 」はイギリスとアメリカのSpotify Viralチャートでナンバーワンに登りつめました。

Mura Masa(ムラマサ)の由来は、日本の名刀「村正」から名付けたのだそう。曲名にも日本語を使用したり、幼い頃から日本人アーティストの曲を聞いていたりしているほどの大好きっぷりです。

Mura Masa(ムラマサ)のおすすめ曲10選


スポンサーリンク

1 Night/Mura Masa, Charli XCX (2017)

シングル「1 Night」からのナンバー。聞いたことある方も多いと思います。キャッチーなお洒落ポップソングでノリノリになんれること間違いなし。Charli XCX(チャーリー エックスシーエックス)の美声もカッコよく絶対ハマります。

Love$ick ft. A$AP Rocky/Mura Masa (2015)

アルバム「Somebody Somewhere」からのナンバー。超有名ラッパーA$AP Rocky(エイサップ ロッキー)をゲストに迎え爆発的な人気を誇った有名曲。個性的なサウンドで、そこが気鋭なMura Masa(ムラマサ)の音楽性の象徴でもあります。

What If I Go?/Mura Masa, Bonzai (2016)

シングル「What If I Go?」からのナンバー。女性ボーカルのエモさとサウンドの心地よさがたまらない一曲です。PVもめちゃめちゃカッコいい。


スポンサーリンク

 Second 2 None/Mura Masa, ft. Christine And The Queens (2017)

シングル「Second 2 None」からのナンバー。落ち着いたサウンドでありながらなぜか乗れてしまう不思議なテンポ感がお洒落すぎます。ムラマサ節全開。

Firefly/Mura Masa, Nao (2015)

アルバム「Somebody Somewhere」からのナンバーで、乗りやすいFUTURE&BASSなサウンドがカッコいいです。奥から聞こえる「キコキコ」サウンドもお洒落なのでそこにも注目して聞いてみてください!


スポンサーリンク

Messy Love/Mura Masa (2017)

アルバム「Mura Masa」からのナンバー。心地いいテンポとサウンドがお洒落な一曲。Messy(乱雑な、複雑な)感満載なPVもムラマサワールド全開です。

Complicated/Mura Masa, Nao (2018)

シングル「Complicated」からのナンバー。乗れる個性的なサウンドとムラマサとよくヒューチャリングするNao(ナオ)の美声がリスナーをさらにノリノリにさせてくれます。


スポンサーリンク

Miss You/Mura Masa (2014)

アルバム「Soundtrack to a Death」からのナンバーです。Instrumentalソングではありますが、落ち着いた時間や作業用BGMにおすすめです。

What If I Go? – Nighttime Version/Mura Masa, Bonzai (2017)

ムラマサの人気曲「What If I Go?」のしっぽりバージョン。最高にチルサウンドで、女性ボーカルが原曲よりも3倍くらいエモーショナルになっていて、聞いていて気持ちいいです。

Walking Away – Mura Masa Remix/HAIM, Mura Masa (2017)

チルサウンドなお洒落ポップ。原曲もチルサウンドでお洒落ですが、それにムラマサが一味加えてさらにお洒落さが増しました。

こちらが原曲↓

Mura Masa(ムラマサ)のライブや最新情報

最近は少し休憩中?なのかわかりませんがあまり地震の曲をリリースしていないムラマサですが、何か大きいプロジェクトをリスナー達に用意している準備段階かもしれないのでそう思うと楽しみですね!下記のURLからムラマサのライブや最新情報を確認できるので、気になった方はぜひご覧ください。

Mura Masa(ムラマサ)の公式ホームページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました