パソコン音楽クラブのプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介

パソコン音楽クラブ 画像音楽
引用:Instagram

パソコン音楽クラブのプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介

秀逸なDTMサウンドとキャッチーなダンスミュージックで注目を集めるパソコン音楽クラブ。

80〜90年代に発売されたシンセサイザーや音源モジュールを使用し質感的なノスタルジーを表現する彼らのプロフィールや人気。おすすめ曲を紹介します。

パソコン音楽クラブのプロフィール

2015年、らくたむ(代表)を筆頭に柴田、西山、塚越、まほちゃん(マネージャー)、ヴァージニア州のメンバー(部員)で結成されたDTMユニット。英語表記はPASOCOM MUSIC CLUB。

使用機材は主にローランドのSCシリーズやJVシリーズ、ヤマハのMUシリーズ。

謎めいたプロフィールとボーダーレスな音楽性で日本のクラブカルチャーを愛するリスナーから支持され始め、2018年に1stアルバム「DREAM WALK」をリリースしたことにより大衆リスナーからの注目も集める。


2019年、2ndアルバム「Night Flow」をリリース。


スポンサーリンク

パソコン音楽クラブの人気・おすすめ曲

hikari/パソコン音楽クラブ, 長谷川白紙 (2019)

キャッチーなドリーミーサウンドから展開していき、サビではアップテンポな曲調にスイッチする緩急が印象的。

ファルセットなウィスパーボイスの長谷川白紙によるボーカルサウンドも気持ちよく、夜を想起させる雰囲気の楽曲とマッチしているのでダンサブル寄りですが聴きやすい人気曲です。

hikariはアルバム「Night Flow」に収録されています。



スポンサーリンク

Time to renew/パソコン音楽クラブ, イノウエワラビ (2019)

アルバム「Night Flow」からのナンバー。ナイトグルーヴな曲調と乗りやすいリズム、そしてエモーショナルな女性ボーカルの起用でさらに深みのある深夜のドライブチューンになっています。

Inner Blue/パソコン音楽クラブ (2018)

アルバム「DREAM WALK」からのナンバーで、海辺を走るドライブに最適なシティ・ポップライクな曲調が気持ちいい。

ちなみにアルバムのジャケット写真は夜のジョナサン熱海サンビーチ店。



スポンサーリンク

reiji no machi/パソコン音楽クラブ, イノウエワラビ (2019)

アルバム「Night Flow」からのナンバー。チープなビート感とどこかノスタルジックな雰囲気を想起させるガラージ調の曲調が最高。夜を駆け抜ける爽快感を味わえるダンサブルな一曲です。

MVにも凝っており、こんなイントロ初めてと思わせるカメラワークや歌詞も意識したストーリー性のある映像に圧倒されます。

OLDNEWTOWN/パソコン音楽クラブ (2018)

アルバム「DREAM WALK」からのナンバーで、ディスコライクでアーバンなダンスミュージックが心地いい。

シンセを噛ませたボーカルやサンプルを使用することでより80〜90年代辺りの雰囲気を思わせてくれる洗練された一曲。

ふめつのこころ (パソコン音楽クラブ remix)/tofubeats, パソコン音楽クラブ (2018)

プロデューサー兼トラックメイカーとして人気を博しているtofubeatsのヒットナンバー「ふめつのこころ」をパソコン音楽クラブがリミックス。

ドリーミーでキャッチーな雰囲気を交え、ポップに仕上がっています。


Murmur/パソコン音楽クラブ (2020)

EP「Ambience」からのナンバー。典型的な4つ打ちダンスビートで繊細に展開していくテクノミュージック。

ディープなクラブで流れているフロアライクな楽曲に仕上がっています。




スポンサーリンク

パソコン音楽クラブのライブや最新情報

今後も独自の音楽スタイルを開発し続けセンセーションを巻き起こすことが期待されるパソコンpん学クラブ。

彼らのライブや最新情報は下記の公式ホームページからチェック可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました