ツユのメンバーや人気・おすすめ曲を紹介!歌い手ぷすを中心に結成されたネット発の実力派ユニット

ツユ 画像音楽
引用:Twitter

ツユのメンバーや人気・おすすめ曲を紹介!歌い手ぷすを中心に結成されたネット発の実力派ユニット

2020年になり日本だけでなく、世界的にボカロカルチャーがより脚光を浴びています。

そんな現代の音楽シーンに突如として現れ、2019年6月にYouTubeへ投稿したデビュー楽曲「やっぱり雨は降るんだね」から注目を集め2020年9月にはYouTubeチャンネル登録者数50万人を超えを果たしている音楽ユニットのツユ。

歌い手として活動していたぷすがコンポーサーとして結成され、音楽性だけでなく動画、イラストデザインとオールインワンな彼らのプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介します。

ツユのメンバープロフィール

ぷす

作詞・作曲/ギター担当

2012年に「じっぷす」名義でニコニコ動画へ投稿したボカロ楽曲「イアイア☆イヤークラッシャー」で歌い手デビューし、ツユが結成された2019年の自身の誕生日まで活動。

礼衣(れい)

ボーカル担当

おむたつ

イラスト・デザイン担当

イラストレーターの傍ら「たついこと」名義で漫画家としても活動している。

AzyuN(あじゅん)

動画・デザイン担当

miro(みろ)

ピアノ担当。伊礼 亮と2人組ユニット「ソラノオト」のメンバーとしても活動している。


スポンサーリンク

ツユの人気・おすすめ曲

くらべられっ子/ツユ (2019)

冒頭から透き通るハイトーンボイスが広がるキャッチーな雰囲気とアグレッシブなエレキサウンドのマッチングが気持ちいい。

アップテンポとスローテンポで展開していく曲調の緩急が印象的なMVも1500万回にのぼる再生回数を誇る人気曲です。

くらべれられっ子はアルバム「やっぱり雨は降るんだね」に収録されています。



スポンサーリンク

あの世行きのバスに乗ってさらば。/ツユ (2019)

冒頭から勢いよく炸裂するエレキサウンドに惹きつけられます。

エモーショナルなハイトーンボーカルと緩急のある曲調のマッチングが最高で一曲のうちに喜怒哀楽を感じられるそんなロックミュージックです。

雨を浴びる/ツユ (2020)

シングル「雨を浴びる」からのナンバーで、個性的な曲展開と雨の降っている情景を歌詞だけでなく、シンバルやピアノサウンドを使用し表現しているところからも完成度の高さを感じさせられます。


スポンサーリンク

過去に囚われている/ツユ (2020)

シングル「過去に囚われている」からのナンバー。失恋ソングでありながら冒頭からアップテンポな曲調で展開していく爽快感のあるロックミュージック。

ピアノサウンドの抑揚感とサンプルの使用がツユのユニット性を感じさせています。

ナミカレ/ツユ (2020)

イントロからエモーショナルなエレキギターで展開していき、ボーカルサウンドにも残響感を加え統一感が印象的。

社会に対する本音を書き綴った歌詞に共感性を覚えるリスナーも多い感傷的な気持ちの時におすすめの一曲です。

ロックな君とはお別れだ/ツユ (2020)

アグレッシブで多彩なギターリフからソフトな質感の曲調へのスイッチ感が気持ちいい。

泥の分際で私だけの大切を奪おうだなんて/ツユ (2020)

シングル「泥の分際で私だけの大切を奪おうだなんて」からのナンバー。複雑なピアノとエレキサウンドを主としたメロディから才能が溢れている一曲。

アップテンポでトーンが上がり続けるサビの「痛い 痛い 痛い 痛いのよ」というパート部分の盛り上がりがキャッチーで中毒性があります。


スポンサーリンク

ツユのライブや最新情報

SNSを中心に人気を集め、2020年3月にはワンマンライブも開催するなど勢力的に活動しているツユ。

トレンドを捉えた楽曲スタイルと個性的な音楽性で今後さらに注目を集めていくことが期待される彼らのライブや最新情報は下記の公式Twitterからチェック可能。

ツユの公式Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました