R Sound Designとは?楽曲「flos」で人気のボカロP/医者の顔を持つプロデューサー

R Sound Design 画像 Music
引用:Twitter

R Sound Designとは?楽曲「flos」で人気のボカロP/医者の顔を持つプロデューサー

新鮮で、それでいて親しみやすいメロディを奏でるボカロPのR Sound Design。

楽曲「flos」で人気を集め、ボカロPとしての顔を持ちながら医者としても活動をしているという珍しい経歴を持つ彼のプロフィールとその素顔について紹介していきます。

R Sound Designとは

R Sound Design(読み方:アール・サウンド・デザイン)はのニコニコ動画、YouTubeの主にインターネット中心に活動するボカロPです。作詞、作曲、編曲など多彩にこなすマルチクリエイターの一面も。

音楽活動だけでなく医者としても顔も持っています。

こちらがR Sound Designの医者として働くもうひとつの一面です↓

ボカロPだけでなく医者としてもめちゃめちゃ仕事できそうな雰囲気がありますね。

音楽活動を始めた経緯は元々バンド(ギター担当)に所属していて、そこから独立してボカロPとして活動し始めます。

2015年、YouTubeにて富山県のご当地キャラクター「とやまくん」をテーマに制作した楽曲「とやまくんのうた」を投稿しデビュー。

とやまくんのうた/R Sound Design feat.初音ミク-Theme of Mr.Toyama


2017年、1stアルバム「City Girl Syndrome」をリリース。収録曲でもある「帝国少女」はネットで大ヒットを飾ってYouTubeの動画再生回数は800万回を超えています。

2018年、2ndアルバム「Replica」に収録されている楽曲「flos」が歌い手の間で「歌ってみた」動画を投稿するムーブが起こり、二次的名大ヒット。本家のVOCALOID・初音ミクが歌っているバージョンのYouTube動画再生回数も300万回を超えています。

歌い手のいゔどっとが「歌ってみた」としてカバーしたバージョンは1500万回を超えるバズを巻き起こしています。

flos 歌ってみた【いゔどっと】




同年、3rdアルバム「Quartia」をリリース。

2019年、4thアルバム「Delights」をリリース。

自主制作の楽曲以外にもジェルすとぷりといった音楽ユニットにも楽曲提供をしています。


プロフィール詳細

名前:R Sound Design
年齢:20代 (2017年当時)
性別:男
ジャンル:ボカロP
身長:-
誕生日:5月17日
所属:-


正式な年齢はわかりませんが、R Sound Design本人が公式Twitterで

突然ですが1stアルバム情報のご報告です。おそらく夏?秋?どんな曲が入るか楽しみですね。
あ、そういえばついさっき2×歳になってしまいました。



とツイートされていたので、2017年当時は20代であることがわかります。



スポンサーリンク

R Sound Designのおすすめ曲

flos/R Sound Design (self-cover) (2018)

人気曲「flos」のセルフカバーバージョンです。高音のキーボードとエレキギターのリフが印象的なメロディが秀逸でキャッチーです。

どこか儚い歌詞をクリアでエモーショナルなボーカルで歌い上げた完成度の高い一曲。

flosのセルフカバーバージョンはアルバム「Replica」に収録されています。


帝国少女/R Sound Design feat.初音ミク-Imperial Girl (2017)

アルバム「City Girl Syndrome」からのナンバーで、キラキラしたエレクトロニックサウンドが印象的なポップスミュージック。

夜の街をイメージさせる親しみやすい曲調がエモくて心地いいです。



Forward/R Sound Design, 初音ミク (2020)

プログレッシブ系のアップテンポな曲調が乗れるボカロミュージック。鮮やかなエレクトロニックサウンドで盛り上げるキャッチーなサビや、緩急のある曲展開がより曲の楽しさを演出していますね。


のライブや最新情報

音楽活動だけでなく医者の仕事もこなすボカロPのR Sound Design。

たくさんのジャンル性を取り入れた新しくも親しみやすい楽曲が特徴で今後の活動にも期待が高まります。

彼のライブや最新情報は下記の公式ホームページ、公式Twitterからチェックできます。

ホームページ

Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました