Vaundy(バウンディ)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介 多彩な音楽性を持つ若きオルタナSSW

Vaundy 画像音楽
引用:Instagram

Vaundy(バウンディ)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介 多彩な音楽性を持つ若きオルタナSSW

ネットの普及により若手アーティストの進出が絶えないミュージックシーン。そんな中一際注目を集めるシンガーソングライターのVaundy。

ボーダーレスな音楽性で作り上げる楽曲が広い層から人気を集める彼のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介します。

Vaundy(バウンディ)とは

View this post on Instagram

口ぷっくり

A post shared by Vaundy_ART Work Studio (@vaundy_engawa) on

Vaundyは東京を中心に活動するシンガーソングライターです。誕生日は2000年6月6日。天然パーマがトレードマーク。

家入レオYUI絢香chayなど数多くの有名歌手を輩出してきたボイス・スクール「音楽塾ヴォイス」出身。

ヴォイスを主宰している音楽プロデューサーの西尾芳彦さんから音楽理論を学んでいるかたわら、Youtubeでカバー曲を投稿するなどして徐々に注目を集め始めます。

Don’t Look Back In Anger/Oasis (Vaundyカバー)



2019年9月に自身初となる楽曲「東京フラッシュ」をYoutubeにてアップロードすると瞬く間に100万回再生を突破し脚光を浴びます。

2020年にはシングル「不可幸力」「僕は今日も」と立て続けにリリース。まだ楽曲数が少ないながらヒットナンバーなり得る音楽性を感じさせる楽曲ばかり。

音楽ストリーミングサービスSpotifyのプレイリスト「Tokyo Super Hits!」「New Music Wednesday」にリスティングされ幅広いリスナーから注目を浴びました。

2020年4月5日には1st ワンマンライブ 「大人間前夜」も開催が決定しています。


スポンサーリンク

Vaundy(バウンディ)の人気・おすすめ曲

東京フラッシュ/Vaundy (2019)

SNSや口コミで絶大なる人気を誇った名曲。当時弱冠19歳ながら無駄のないトラックメイクとナイトグルーブな雰囲気を鮮明に演出されたセンス抜群の一曲。MVの古臭さがカッコよくこだわりも感じる作品となっています。

Bメロの

STAYまだここにいてね 君の
FAKEの笑顔をみせてよみせてよ
STAGE4の癌にかかっているみたいかい?
AGEごしの性愛者でいいの



という遠回しの効いた比喩的な歌詞が印象的。


スポンサーリンク

僕は今日も/Vaundy (2020)

ナイトグルーブで妄想的な雰囲気の楽曲がVaundyらしさと感じますが、そんな彼が歌うエモーショナルな自分と向き合った楽曲はさらに身に染みます。

若さを感じさせない歌詞と励まされた気持ちにさせてくれる一曲でおすすめです。

不可幸力/Vaundy (2020)

人気曲「東京フラッシュ」に次ぎリリースされた一曲。シングル「不可幸力」は2020年にリリースされているもYoutubeには2019年にアップロードされ間も無くして100万回再生を突破したヒットナンバーです。

ヒップホップ調なメロディに乗せる核心のつくような歌詞が印象的。

welcome to the dirty night

に呑み込まれそうになる衝動に駆られるほど中毒性のある完成度の高いトラックメイクとソングライとが光っています。


スポンサーリンク

soramimi/Vaundy (2019)

アップテンポでミステリアスな世界観を感じる一曲。

早口なパートや刺激的な表現が多く含まれた歌詞がさらに世界観の幅を広げリスナーを迷子にさせる存在感のある雰囲気が印象的です。

pain/Vaundy (2019)

「東京フラッシュ」がVaundyのデビュー曲と勘違いされがちですが、作詞作曲を手掛け初めてSNSにてアップロードした楽曲がこの「pain」

落ち着きのあるメロディラインに乗せるシリアスな歌詞が印象的で考えさせられる一曲になっています。エモーショナルに歌い上げるVaundyの歌唱力にも注目。

Vaundy(バウンディ)のライブや最新情報

彗星の如く現れ邦楽ミュージックシーンにVaundy旋風を巻き起こし、今後の活躍に注目の集まっている彼のライブや最新情報は下記の公式ホームページおよびTwitterにて公開しています。



タイムリーのアナウンスを受け取りたい方はTwitterのフォローをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました