映画「TENET(テネット)」のサントラや予告編で流れた曲を紹介!アカデミー賞最有力の超大作

映画 TENET テネット サントラ映画
引用:IMDb

映画「TENET(テネット)」のサントラや予告編で流れた曲を紹介!アカデミー賞最有力の超大作

映画「ダークナイト」や「インセプション」、「インターステラー」など数多くの話題作を作り上げてきた鬼才クリストファー・ノーラン監督。

評論家の中でも支持され続けている彼の新作「TENET(テネット)」が2020年9月18日に全国公開となりました。

映画「ダンケルク」公開から約3年ぶりとなる新作は「現在から未来に進む“時間のルール”から脱出する」というミッションを課せられた主人公が、第3次世界大戦に伴う人類滅亡の危機に立ち向かうという設定から難解映画の香り。

そんなノーラン節の炸裂した第92回アカデミー賞最有力候補としても注目される本作のサントラや予告編で流れた楽曲を紹介します。

映画「TENET(テネット)」のストーリー

「時間」から脱却し、罪のない人々を救出せよ!

難解映画の大本命、クリストファー・ノーラン監督が放つ未知なる新体験にあなたはついて来れるか?

ミッションのキーワードは「TENETテネット」。 
「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」。

新感覚の映像技術と時間というラビリンスを駆使したストーリー、大規模のスケールで描かれるタイムサスペンスが今解き放たれる!

あらすじ



ウクライナのオペラハウスでテロが勃発。罪のない人々が被害を遭う中、特殊部隊に属している名も無き男が動き出した。

彼は仲間を救うために自らテロ組織の一員に捕らえられるも、毒薬を飲まされてしまう。

毒薬を飲まされたと思ったが、なぜかその薬は鎮痛剤にすり替えられており、一命をとり留めた。

目覚めた名もなき男はフェイと名乗る男から未来からやってきた敵と戦い、世界を救って欲しいと任務を任される。

どうやら未来では「時間の逆行」が開発されており、時間を自由に行き来することが可能となっているようだ。

そんな難解極まりないミッションのキーワードは「TENETテネット」。

TENETを使い第三次世界大戦を阻止するという巨大な任務を果たすことができるのか____?

TENET(テネット)の意味

作品名のTENETという聞き慣れない単語の定義は「信念または理論の基礎となる原則の1つ」

ルールや名誉の規定などといったの意味合いがあり、それがミッションのキーワードとして使用されています。

人気作「インセプション」の作中にいくつもの独自のルールがあるように、この最新作の中でもいくつかのルールがありそうなので、その心構えも内容を捉えるために必要です。


スポンサーリンク

映画「TENET(テネット)」のサントラ

本作のサウンドトラックを手がけたのは「ヴェノム (2018)」や「ブラックパンサー (2018)」、「なんちゃって家族 (2013)」などの音楽を担当したルートヴィッヒ・ヨーランソン

特に「ブラックパンサー (2018)」では第91回アカデミー賞で作曲賞を受賞しており、音楽家の中でも注目度の高い人物です。

収録曲の18曲目にはヒップホップ界で世界的に名を馳せるラッパーであるトラヴィス・スコットの新曲「The Plan」が収録されており、エンディング曲として起用されています。

The Plan/Travis Scott (2020)


Travis Scott(トラヴィス・スコット)とは

アメリカ合衆国 テキサス州ヒューストン出身のラッパー兼プロデューサー。

2012年にメジャーレーベルのエピック・レコード、並びにカニエ・ウェスト率いるグッド・ミュージックと契約し、翌年2013年4月にT.I.が率いるグランド・ハッスルと契約。

その後2014年にミックステープ「Days Before Rodeo」をリリース。

デビューアルバム「Rodeo」に続く2ndアルバム「Birds in the Trap Sing McKnight」は初の全米1位を記録し、収録曲「Goosebumps」がヒットし批判家らから高い評価を得る。

それに続く2018年にリリースした3rdアルバム「Astroworld」も2ndに劣らぬ高評価を得ているヒップホップという枠を取っても幅広いリスナーから注目を集めている。


現在WaterTower Musicがオフィシャルサウンドトラックのフルバージョンを公開中です。




収録曲一覧

1. RAINY NIGHT IN TALLINN
2. WINDMILLS
3. MEETING NEIL
4. PRIYA
5. BETRAYAL
6. FREEPORT
7. 747
8. FROM MUMBAI TO AMALFI
9. FOILS
10. SATOR
11. TRUCKS IN PLACE
12. RED ROOM BLUE ROOM
13. INVERSION
14. RETRIEVING THE CASE
15. THE ALGORITHM
16. POSTERITY
17. THE PROTAGONIST
18. THE PLAN [Explicit]


全体的に低音の強いベース音がドラマチックな雰囲気を表現しており、IMAX上映ということもあり、より劇中に引き込んでくれるサウンドトラックになっています。

サントラだけでなく同時に映画「テネット」の制作現場を舞台裏を公開したメイキングブック完全版も発売されました。


映画「TENET(テネット)」の予告編で流れた曲



最終予告編で流れていたのはトラヴィス・スコットの「The Plan」が挿入曲として使用されています。



今年放映される映画作品の中でも必見の超大作がこの秋公開されます。

予告編やイントロダクションを読む限り、一度で理解の難しい深みのある作品であると思われるので、ぜひ数回劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

キャスト

名もなき男/ジョン・デヴィッド・ワシントン

ニール/ロバート・パティンソン

キャット/エリザベス・デビッキ

アンドレイ・セイター/ケネス・ブラナー

マイケル・クロズビー卿/マイケル・ケイン

ローラ/クレマンス・ポエジー

プリヤ/ディンプル・カパディア

アイヴス/アーロン・テイラー=ジョンソン

マヒール/ヒメーシュ・パテル

リアム/デンジル・スミス

ヴィクター/マーティン・ドノヴァン

スティーブン/アンドリュー・ハワード ほか

コメント

タイトルとURLをコピーしました