【初心者向け】NFT関連銘柄(仮想通貨)のおすすめ5選

NFT関連銘柄 画像Crypto/NFT

ブロックチェーン技術の発展に伴い、より注目され始めてきているNFT市場。

マーケットが拡大されるに連れメタバース(仮想空間)の認知やNIKE、Visaを含む大企業のNFTアートの参入など今後の動向に期待が高まってきています。

上記を含むNFT関連のゲームやアート、ファッションなどあらゆる分野に今後新しい価値を生み出すための大きな役割を担っているのが「仮想通貨(cryptocurrency)」です。

この記事では今後より注目度の高まるNFTに関連する仮想通貨のおすすめ銘柄とその特徴を初心者にもわかりやすくまとめましたのでぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

NFTとは:Non-Fungible Tokenの略語で日本語に訳すと「非代替性トークン」。わかりやすく言うと「コピーできない資産」で、コピー(複製)が生まれやすいデジタルアートとの相性が良い理由もこの特徴にあります。


Coincheck

NFT売買の事前準備にはCoincheck

コインチェック

NFTの購入・販売には仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。NFT売買の用途だけでなくスマホでも使いやすいデザインから資産運用ツールとしても優秀なCoincheck(登録無料)で口座開設し投資の準備を始めましょう。

Coincheckで口座開設


【初心者向け】NFT関連銘柄(仮想通貨)のおすすめ5選

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン ENJ 画像
仮想通貨名称エンジンコイン(Enjin Coin)
ティッカーシンボルENJ
時価総額(2022年2月)
450,754,359,182.8
時価総額ランキング(2022年2月)
60位
購入できる主な国内取引所

Coincheck
GMOコイン

 

エンジンコインはシンガポールの企業である「Enjin」が運営しているブロックチェーンプラットフォームの「Enjin Platform」で発行される仮想通貨です。

エンジンコインの特徴

  • Enjin Platform内でNFTの作成やブロックチェーンゲームに必要なインフラ構築が可能
  • 日本の主な仮想通貨取引所でも購入できる
  • Enjin Platform内のオンラインゲームで遊びながらENJを稼ぐことができる
  • オンラインゲーム内に存在するアイテムをユーザー内で売買できる


エンジンコイン(ENJ)の価格やチャート


テゾス(XTZ)

テゾス XTZ 画像
仮想通貨名称テゾス(Tezos)
ティッカーシンボルXTZ
時価総額(2022年2月)98,397,812,112,344円
時価総額ランキング(2022年2月)
41位
購入できる主な国内取引所

bitFlyer
GMOコイン
ほか


テゾス(Tezos)は独自のブロックチェーンおよびスマートコントラクトを採用しており、さらにDApps(分散型アプリ)の開発・利用に適した性能を持つプラットフォームです。

スマートコントラクトとは:ブロックチェーンシステム上の概念で、契約を自動的に実行する仕組みのことです。


テゾス独自のブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムには電気代や環境への負荷が少ないPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、エネルギー効率が良いことからNFTプラットフォームの基盤にテゾスのブロックチェーンを選ぶメリットも大きいとされています。

テゾスの特徴

  • 通貨のステーキングが可能
  • 独自のスマートコントラクトを採用している
  • ハードフォークが不要の仕組み


ステーキングとは:対象となる通貨を保有し、ブロックチェーンネットワークに参加しているだけで報酬を得ることができる仕組みです


ハードフォークとは:ブロックチェーンの使用が変更されること。ハードフォークが行われると、従来の通貨の他に新しい通貨が生まれるため、異なる通貨を保有しなければならなくなります(メリットとしてはたらく場合もあります)


テゾス(XTZ)の価格やチャート


SAND(ザ・サンドボックス)

ザ・サンドボックス SAND 画像
仮想通貨名称SAND
ティッカーシンボルSAND
時価総額(2022年2月)542,870,229,145円
時価総額ランキング(2022年2月)
34位
購入できる主な国内取引所取り扱いなし


SAND(サンド)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを基盤としたマインクラフトのようなシミュレーションゲームとして人気を集めるザ・サンドボックス(The Sandbox)内の通貨です。

ゲーム内ユーザーはメタバース上でLAND(土地)を購入およびレンタルすることでゲームやアイテムを作成・売買することができるようになり、そこで使用される通貨(ERCトークン)がこのSANDになります。

現在国内で取り扱っている取引所はありませんが、Coincheckと共同でメタバース上に2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」を制作するプロジェクトを開始しており、Coincheckでの取り扱い開始が期待されています。

ザ・サンドボックス(SAND)の特徴

  • イーサリアムブロックチェーンを利用して所有権を追跡できる
  • ゲーム内で作成したアイテムやキャラクターはNFTアーケットプレイスで販売も可能
  • メタバース内で保有しているLANDを貸し出して不動産収入を得られる
  • SANDはアルトコインの中でも時価総額が高い


こちらの記事で始め方を詳しく解説しています


SANDの価格やチャート


MANA(Decentraland)

Decentraland MANA 画像
仮想通貨名称マナ(MANA)
ティッカーシンボルMANA
時価総額(2022年2月)98,397,812,112,344円
時価総額ランキング(2022年2月)
30位
購入できる主な国内取引所取り扱いなし


マナ(MANA)は最も歴史が長いとされるメタバースプロジェクト「Decentraland(ディセントラランド)」内で扱われる通貨(ERCトークン)です。

Decentralandの特徴

  • メタバース内でLANDを所有したりアイテムを作成したりすることができる
  • イーサリアムブロックチェーンを利用して所有権を追跡できる
  • ほかのNFTゲーム(上記のザ・サンドボックスなど)とNFTを取引できる


ザ・サンドボックス同様マインクラフトのようなシミュレーションゲームが好みな方におすすめです。

こちらの記事で始め方を詳しく解説しています


Decentraland(MANA)の価格やチャート


AXS(アクシー・インフィニティ)

アクシー・インフィニティ AXS 画像
仮想通貨名称アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)
ティッカーシンボルAXS
時価総額(2022年2月)447,197,974,633円
時価総額ランキング(2022年2月)
40位
購入できる主な国内取引所取り扱いなし


アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)はイーサリアムのサイドチェーンである「Ronin」を基盤としたDApps(分散型アプリ)ゲームのひとつで、ゲーム内で扱われる通貨としてAXSが採用されています。


アクシー・インフィニティ(AXS)の特徴

  • ゲーム内でキャラクターを育成・繁殖させ、それを売買することができる
  • 時価総額が高く、NFT関連銘柄の中でも今後の動向が期待されている


AXSの価格やチャート


NFT関連銘柄を取り扱っている暗号資産取引所

Coincheck(取り扱っているNFT関連銘柄:ENJ)

GMOコイン(取り扱っているNFT関連銘柄:ENJ, XTZ)

DMM Bitcoin(取り扱っているNFT関連銘柄:ENJ, XTZ)

bitFlyer (取り扱っているNFT関連銘柄:ENJ, XTZ)


NFTアートの売買を始めたい方へ

NFTアートの売買に使用されている暗号通貨はイーサリアム(ETH)が基本です。

そのためイーサリアムを取り扱っている暗号資産取引所であり、「MetaMask(メタマスク)」という仮想通貨ウォレットとも連携しやすいCoincheck(登録無料)の登録をおすすめします。

Coincheck 画像


手順としては

  1. Coincheckに登録(無料)し口座開設→イーサリアムが購入可能
  2. 仮想通貨ウォレットと呼ばれるMetaMaskにアカウント登録(無料)
  3. OpenseaやFundationなどのNFTマーケットプレイスにアカウント登録(無料)しMetaMaskと連携する
  4. CoincheckからMetaMaskに必要な分だけのイーサリアム(ETH)を送金→NFTアートが購入可能

という流れになります。

Coincheckで口座開設



Coincheckなどの暗号資産取引所は登録から口座開設が完了するまで平均1週間程度の時間がかかるのでMetaMaskの登録を済ませてなるべく早くNFT売買を行いたい場合はCoincheckのアカウント登録(無料)も済ませておきましょう。



NFT売買をするまえに!NFTについてもう少し詳しく理解したい方はこちらを必読

アート、国内外ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計。NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。

NFTの教科書


タイトルとURLをコピーしました