【NFT】Beeple(ビープル)とは?1作品75億円で取引された注目アーティスト

Beeple ビープル 画像Crypto/NFT
Coincheck

NFT売買の事前準備にはCoincheck

コインチェック

NFTの購入・販売には仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。NFT売買の用途だけでなくスマホでも使いやすいデザインから資産運用ツールとしても優秀なCoincheck(登録無料)で口座開設し投資の準備を始めましょう。

Coincheckで口座開設


【NFT】Beeple(ビープル)とは?1作品75億円で取引された注目アーティスト

メタバースの普及やブロックチェーン技術の成長でさらに注目度が高まっているNFTアート市場。

そんな急成長するマーケットに2021年3月、デジタルアーティストであるBeeple氏がNFTアートとして競売に出したコラージュ作品「Everydays: the First 5000 Days」が6900万ドル(日本円で約75億)という値が付き、オンラインで取引されたアーティストのオークション価格史上最高額を記録し話題を呼びました。

「Everydays: the First 5000 Days」の作品のひとつである「OMNIPRESENT (31-Mar-20)」



この記事ではそんなNFTアート市場にはもちろん、オークション業界にも激震を走らせた話題性を持つBeeple氏について紹介します。

NFTとは:Non-Fungible Tokenの略語で日本語に訳すと「非代替性トークン」。わかりやすく言うと「コピーできない資産」で、コピー(複製)が生まれやすいデジタルアートとの相性が良い理由もこの特徴にあります。


Beeple(ビープル)とは

名前:Beeple(読み方:ビープル)
本名:MichaelJoseph Winkelmann(マイク・ヴィンケルマン)
誕生日・年齢:1981年6月20日
出身:アメリカ合衆国
職業:デジタルアーティスト、グラフィックデザイナー


Beeple渾身の一作「Everydays: the First 5000 Days」の魅力

2021年を皮切りに数多くのアーティストが参入し、NFTアートの認知度も高くなってきていますがBeepleの代表作「Everydays: the First 5000 Days」の価値(75億円)を超える作品は未だに存在していません。

なぜそれほど彼の作品は高額で取引されたのでしょうか。そのヒントは彼自身のアートキャリアにあります。

Beepleは2007年5月1日にニュージャージー州出身のアーティスト・Tom Judd(トム・ジャッド)に触発され、毎日作品を投稿するというプロジェクト「Everyday」を開始しました。



そのプロジェクトは作品名の通り5,000日以上続き、その期間に描かれた作品をコラージュしひとつのNFTアートとして作られたのがこの「Everydays: the First 5000 Days」です。

もちろん価値が生まれた要因として、急成長市場の中でも参入が早かったことも含まれると思いますが、上記で述べた5,000日以上にも及ぶプロジェクトがひとつの作品に集約されているというストーリーが背景にあるというのは高いパーセンテージを占めているのではないでしょうか。


この歴史的な取引がされた当時、Beepleは

アーティストたちはこの20年以上、ハードウエアとソフトウエアを駆使して作品を創り、インターネット上で配信してきたが、これを真に所有し収集する実際の方法はなかった。NFTによりこれが変わった

引用元:media.dglab.com

と語っています。

今後NFT市場の発展により彼の作品の持つ価値を超えるNFTアートが生まれる可能性は決して低くはありませんが、世界のアート史にその名を刻んだことは間違いありません。



NFTアートの売買を始めたい方へ

NFTアートの売買に使用されている暗号通貨はイーサリアム(ETH)が基本です。

そのためイーサリアムを取り扱っている暗号資産取引所であり、「MetaMask(メタマスク)」という仮想通貨ウォレットとも連携しやすいCoincheck(登録無料)の登録をおすすめします。

Coincheck 画像


手順としては

  1. Coincheckに登録(無料)し口座開設→イーサリアムが購入可能
  2. 仮想通貨ウォレットと呼ばれるMetaMaskにアカウント登録(無料)
  3. OpenseaやFundationなどのNFTマーケットプレイスにアカウント登録(無料)しMetaMaskと連携する
  4. CoincheckからMetaMaskに必要な分だけのイーサリアム(ETH)を送金→NFTアートが購入可能

という流れになります。

Coincheckで口座開設



Coincheckなどの暗号資産取引所は登録から口座開設が完了するまで平均1週間程度の時間がかかるのでMetaMaskの登録を済ませてなるべく早くNFT売買を行いたい場合はCoincheckのアカウント登録(無料)も済ませておきましょう。



NFT売買をするまえに!NFTについてもう少し詳しく理解したい方はこちらを必読

アート、国内外ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計。NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。

NFTの教科書


タイトルとURLをコピーしました