MetaMask(メタマスク)の登録・使い方を初心者向けに画像付きでわかりやすく解説

MetaMask メタマスク 画像Crypto/NFT
Coincheck

NFT売買の事前準備にはCoincheck

コインチェック

口座開設&入金でビットコイン1500円相当プレゼントキャンペーン中!(9月30日まで)

NFTの購入・販売には仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。NFT売買の用途だけでなくスマホでも使いやすいデザインから資産運用ツールとしても優秀なCoincheck(登録無料)で口座開設し投資の準備を始めましょう。

Coincheckで口座開設


MetaMask(メタマスク)の登録・使い方を初心者向けに画像付きでわかりやすく解説

NFT売買を始めるにあたって必要となってくるMetaMask

MetaMaskとは仮想通貨ウォレットと言われ、イーサリアム(ETH)やイーサリアムトークンを管理するために利用されています。暗号資産取引所(CoincheckやGMOコインなど)で保有している仮想通貨をMetaMaskに送金することでNFT売買での使用、及び保管(通貨の出し入れ)することが可能になります。

この記事では初心者でもわかりやすいようにMetaMaskの登録方法・使い方を画像付きで説明しているので、ご自身の画面とあわせて登録を進めていただけたらと思います

※その他にもdApps(ダップス)DeFi(デフィ)といったブロックチェーン関連のアプリケーションとの連携もできるのですが、ひとつずつ説明すると長くなるので今回は省かせていただきます。

MetaMaskの登録方法

現在スマホ対応の公式アプリが存在しますが、評価があまり良くないためこの記事では一般的なMetaMaskの利用方法である「パソコンでChromeの拡張機能として利用する場合」をメインに説明していきます。

MetaMaskをGoogle Chromeで検索し、上位に出てくる拡張機能「MetaMaskをクリック

「Chromeに追加」をクリック

「MetaMaskにようこそ」の画面に移るので、開始をクリック

初めてなので「ウォレットの作成」をクリック

※もしスマホでMetaMaskウォレットを作成している場合は「ウォレットのインポート」をクリックしスマホとパソコンを同期することができます

「MetaMaskの品質向上へのご協力」に同意し、「パスワードの作成」を行います

Secret Recovery Phrase(秘密の言葉)を表示し、それをコピーしてパスワードマネージャーやメモ帳に保管(ペースト)します

「次へ」をクリックすると秘密のバックアップフレーズの確認という画面に行くので、先ほど保管したフレーズと画面に表示されているフレーズを確認し、完了したら「確認」をクリック(上記画像のフレーズは隠してあります)

「すべて完了」をクリックすると登録が完了します


スポンサーリンク

MetaMaskの基本的な使い方

使い方は仮想通貨の出し入れが基本なので、取引所からMetaMaskへ送金する方法を説明します。

1.Chromeの拡張機能ボタン(ウィンドウ上部のパズルマーク)をクリック

2.上記のようなMetaMaskのポップアップが表示されるので中央上部の「Account1(画像の場合)」にカーソルを合わせ、ウォレットアドレス(例:0x84b…..)をクリップボードにコピーします

コピーしたウォレットアドレスは仮想通貨取引所の「暗号資産の送金」メニューに貼り付けます

Coincheckの場合(WEB)

Coincheckにログインしホームメニュー下部にある「暗号資産の送金」をクリック

1.送金したい暗号資産をクリック(画像はEthereumを選択しています)

2.送金先リストの編集をクリックし、新規ラベル(ラベル名は「例:MetaMask」など自分がわかりやすいもので可)を記入し、新規宛先に先ほどコピーしたウォレットアドレスを貼り付けます

3.宛先に送金する金額を記入

4.「送金する」をクリック

以上でMetaMaskへの送金手続きの完了です。

Coincheckなどの仮想通貨取引所は登録から口座開設が完了するまで平均1週間程度の時間がかかるのでMetaMaskの登録を済ませてなるべく早くNFT売買を行いたい場合はCoincheckのアカウント登録(無料)も済ませておきましょう。


Coincheckで口座開設


MetaMaskを使ってNFT売買を行う方法

前述した通り、MetaMaskはウォレットであるためMetaMaskだけではNFT売買を始めることができません

NFT売買をするためにはNFTマーケットプレイスと連携する必要があり、下記のOpenSeaまたはFoundationなどの大手NFTマーケットプレイスのアカウントが必要なので、あわせてアカウント作成をすることをおすすめします。


今回は以上になります。お疲れ様でした。

タイトルとURLをコピーしました