カメラ好き必読!マニュアルフォーカス(MF)で撮影するメリットを紹介

マニュアルフォーカス 画像カメラ

カメラ好き必読!マニュアルフォーカス(MF)で撮影するメリットを紹介

カメラで写真を撮るとき、皆さんはマニュアルフォーカス(MF)オートフォーカス(AF)どちらで撮影していますか?

おそらく多くの方がオートフォーカスで撮影しているのではないでしょうか?

そしてそのほとんどの方がマニュアルフォーカスで撮影したことがないのではないかと思います。

なので今回は周りのカメラ好きの人たちにちょっと差をつけられるマニュアルフォーカスで撮影するメリットを紹介します。

最近流行りのフィルム一眼レフカメラの多くはマニュアルフォーカスだったりするので、これから買おうとしている方にも参考になる記事となっています。

マニュアルフォーカスとは

まず少しだけマニュアルフォーカスについて説明します。

マニュアルフォーカスは手動でフォーカスを合わす方式のことです。

ちなみにオートフォーカスは自動で被写体にピントを合わせてくれる方式のことです。

マニュアルフォーカスの特徴はレンズのフォーカスリングを回してピントを合わせたり、パワーフォーカスといってカメラボディにあるモーターを回してピントを合わす仕組みのものが存在します。

ですがほとんどのカメラはレンズにあるフォーカスリングを回してピントを合わせるものがほとんどなので、皆さんが持っている一眼レフカメラやミラーレス、フィルム一眼レフカメラはフォーカスリングタイプだと思います。


スポンサーリンク

オートフォーカスの方が撮影しやすいのでは?

マニュアルフォーカス 画像

そんな声が聞こえてきそうですが、もちろんオートフォーカスに任せてシャッターを切るだけで撮ってくれたり、毎度設定をいじることなく撮影できるので扱いやすいです。

そもそもマニュアルフォーカスに不便を感じたためにオートフォーカスという方式が生まれたのでオートフォーカスにもメリットがなくては困りますよね。

ですが、オートフォーカスに対応したカメラにもデメリットは存在します。そしてそのデメリットはマニュアルフォーカスで補えるということとほぼイコールの関係にあります。

マニュアルフォーカスで撮影するメリット

メリットは以下の通りです。

  • 自分でピントを合わせられる
  • 玉ボケを作れる
  • シャッターボタンを押すだけで写真を撮れる
  • 夜中(夜空)の撮影が可能


自分でピントを合わせられる

これがマニュアルフォーカスの一番のメリットかなと思います。

オートフォーカスは一見簡単で使い勝手の良いものと思われがちですが、たまに思ったところにピントがあっていなくて使い物にならない写真になってしまったということが起こります。

もしそれが大事な瞬間を捉えた写真で起こってしまったらただ事じゃありませんよね。

なのでプロのカメラマンは現場ではよくマニュアルフォーカスを使用していたりします。

さらには

「被写体じゃなくてあえて背景にピントを合わせたい」

といったこともマニュアルフォーカスでは簡単に作り上げることができます。

玉ボケを作れる

マニュアルフォーカス 画像

マニュアルフォーカスではあえて玉ボケを作ることも可能です。

もちろんオートフォーカスでも玉ボケを作ることができますが、上の写真のようにどこにもピントが合っていない写真を作ることは難しいです。

オートフォーカスはフォーカスポイントを見つけよう見つけようとするので、どこにもピントが合っていない写真には不向きとも言えます。

なので玉ボケを表現したいときにはマニュアルフォーカスで撮影しましょう。

シャッターボタンを押すだけで写真を撮れる

当たり前のことと思われがちですが、オートフォーカスは一度シャッターボタンを押すだけでは写真を撮ることができない場合もあります。

先ほど説明したように、オートフォーカスはフォーカスポイントを見つけようとするので、見つからなかった場合エラーが発生してシャッターボタンを押しても撮ってくれない状態になることがあります。

エラーはよく夜の撮影で起こるので真っ暗な場所で撮影するような場合はマニュアルフォーカスの方が信頼できるかなと思います。

夜中(夜空)の撮影が可能

マニュアルフォーカス 画像

上記で説明した通り、オートフォーカスは明かりが少ない夜に弱いです。

なので夜空の撮影にも弱く、ピント合わせに迷ったあげくエラーが発生しがちなので、夜空の写真や、シャッタースピードを1秒以上必要とする撮影ではマニュアルフォーカスで撮影がおすすめです。

ちなみに夜空やシャッタースピードを極端に遅くする撮影(バルブ撮影)には三脚は必須です。


スポンサーリンク

慣れるとオートフォーカスよりも使い勝手がいい

マニュアルフォーカスで撮影し始めた最初の頃は自分でピントを合わせるのが難しく、思うような写真が撮れないこともあります。

ですが慣れてくるとオートフォーカスよりもピントが正確になり、マニュアルフォーカスの方が信頼できるようになってきます。

特に大切な一枚を残すときこそマニュアルフォーカスで撮影するという気持ちになってくると思います。

マニュアルフォーカスは自動ではないですが、自由な撮影を可能にしてくれる方式なので、撮影にも自由を手に入れるため、慣れておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました