フィルムカメラのデータ化を安く済ませるならフィルムスキャナー!低価格で高品質なおすすめデータ化方法を紹介

フィルムスキャナー 画像カメラ

フィルムカメラのデータ化を安く済ませるならフィルムスキャナー!低価格で高品質なおすすめデータ化方法を紹介

フィルムカメラを購入しフィルムで撮影した写真をスマホに取り入れたい。だけどお店へ持っていくと意外と値段が高いと一度は思ったことがあると思います。

現像代とデータ化代を合わせると1000円〜1500円が相場。スマホやパソコンにデータを取り込むまでにフィルム1本が1000円くらいが相場として合わせて2000円ほど費用がかかるのがフィルムカメラです。

でもフィルムカメラの作り出すノスタルジックな雰囲気は他には替え難いものがあるのでフィルムで写真を撮り続けたい。

そんな今回はデータ化を安く済ます方法を紹介していきます。

フィルムスキャナーでデータ化する方法

フィルム 画像

これはよく安価で抑える方法として紹介されている方法です。フィルムスキャナーはデータ化方法も簡単で初心者でも簡単に使いこなせるものが多いです。

その操作方法を簡単にしてくれるのがスライドフィルムホルダー。35mmや110(ワンテン)フィルム用のフィルムホルダーがほとんどの場合付属してくるので、現像したフィルムをそれに取り付けてスキャンするだけという手軽さが特徴です。

価格相場は安いものは7000円くらいから購入可能ですが、安いものほど取り込み画素数が少ないので、パフォーマンスの落ちた写真になる恐れも考えると10000円を超えるスキャナーをおすすめします。

推奨する画素数は少なくとも1000万画素を超えているものを選ぶといいと思います。1500万画素あれば高解像でデータ化してくれるので可能であればそれに近い画素数のものをお買い求めください。

上記のフィルムスキャナーはサンワダイレクトから発売されたいるものです。35mmフィルムスライドも付属し、画素数も1400万画素でこの価格帯では高品質のパフォーマンスを誇るスキャナーです。

フィルムスキャナーにはモニターがあり、その画面を見て写真を確認しながらデータ化を行うのが一般的なので安心して作業可能です。

ランニングコストを考えると、少し高価な買い物だと思いますがスキャナーを購入することでこれからのデータ化料金は発生しないということに加え、以前現像したフィルムもカメラ屋さんへ持ち込みお金を支払うことなく再びデータ化することができるのでそれも考えるとリーズナブルなお買い物でではないかと思います。

それに加え自宅で現像写真を確認しながら作業ができるという楽しさもあります。

最初は慣れないかもしれませんが慣れてくるとスラスラとフィルムを交換するペースも上がり作業効率も上がるので短時間で済ますことができます。



これからもフィルムカメラを楽しんでいただけるようになるべくコストを減らすフィルムスキャナーを紹介しました。

これ以外にもスライドコピーアダプターといったようなフィルムデータ化機器が存在しますが、作業効率の面等考えると現在一番コスパがいいのがこのフィルムスキャナーなので、今後の出費を抑えたい方は試してみるのもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました