Hiplin(ヒップリン)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介

Hiplin ヒップリン 曲 画像 Music
引用:Twitter

Hiplin(ヒップリン)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介

ソフトハスキーな高音でリスナーを魅了するHiplin。

ソロだけでなく、邦楽ヒップホップシーンを盛り上げている変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGや、若年層を中心に人気を集めるシンガーソングライターkojikojiなど、数多くのアーティストと共演し人気を集めています。

今回は人気沸騰中である彼のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介します。

Hiplin(ヒップリン)のプロフィール

Hiplinはシンガーソングライターとして活動している傍ら、ギタリストやトラックメイカー、プロデューサー等幅広く活動するマルチプレイヤー。

ソフトなメロディラインとエレクトロニックサウンドから感じる親しみ安さと、ポップスやヒップホップ、ロックにジャズといったジャンルを交えて独創的なアレンジが特徴的。

音楽系の専門学校を卒業後、ビジュアルアーツ専門学校大阪ミュージシャン学科でアンサンブル、DTM、ギタリストとして6年間講師を務める。

2017年に上京し、トラックメイクや音楽プロデュースでは日本のアーティストだけでなく、海外アーティストにも楽曲提供するなど世界的に活動の幅を広げる。


スポンサーリンク

Hiplin(ヒップリン)の人気・おすすめ曲を紹介

Grow Up/Hiplin, GeG (2020)

変態紳士クラブのクルーであるGeGとコラボを果たした人気曲。原曲にアレンジを加え、GeGらしい落ち着きのあるメロディラインでエモーショナルに、よりキャッチーに仕上げていて聴き心地がいい。


スポンサーリンク

帰り道/Hiplin, kojikoji (2020)

EP「CHOKING」からのナンバーで、シンガーソングライターとして活躍するkojikojiとコラボを果たした一曲。アコギベースのメロディとスローテンポな曲調に酔いしれてしまうこと間違いなしです。

曲名さながら、夕暮れ時の帰り道に感情移入しやすい歌詞にも注目しながら聴いて欲しい。



I goota go/GeG, Hiplin, WILYWONKA, kojikoji (2020)

GeGがリリースした新時代の卒業ソング。Aメロからkojikojiの甘くエモいボーカルサウンドがリスナーを包みこみ、スパイスとして変態紳士クラブのMCとして活動するラッパーのWILYWNKAのラップパート、Hiplinのソフトなボーカルサウンドが作り出すハーモニーが最高に気持ちいい感動的な一曲。


スポンサーリンク

No Friend No Life/Hiplin, Ma-Nu (2020)

EP「CHOKING」からのナンバーで、陽気な高音エレキギターサウンドとヒップホップライクなビートのマッチングが完璧。

昼下がりのコーヒーブレイクのお供におすすめです。

パブロ/Hiplin (2020)

EP「CHOKING」からのナンバー。イントロから新鮮なサウンドが響き渡り、洗練されたエレクトロニックとノリのいいリズムで展開していく一曲です。

CALM DOWN/EMPEROR, Hiplin (2020)

体を揺らしたくなる乗りやすいリズムと洒落たメロディラインと優しい男性ボーカルとのマッチングが完璧。

I know you./Hiplin (2016)

アルバム「2ケツ」からのナンバーで、イントロからアコースティックな落ち着いたサウンドが響き渡り、キャッチーな印象。

曲調と信じ合える人と支え合っていこうという歌詞が相まってよりエモーショナルな雰囲気を感じられれます。


スポンサーリンク

Hiplin(ヒップリン)のライブや最新情報

今後も独創的な世界観と幅広い音楽性でリスナーを魅了していくことが期待されるHiplin。

彼のライブや最新情報は下記の公式Twitterからチェック可能です。

公式Instagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました