OpenSea(オープンシー)でNFTアートを購入する方法を画像付きでわかりやすく解説

OpenSea NFT 画像Crypto/NFT
Coincheck

NFT売買の事前準備にはCoincheck

コインチェック

口座開設&入金でビットコイン2500円相当プレゼントキャンペーン中!(6月22日まで)

NFTの購入・販売には仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。NFT売買の用途だけでなくスマホでも使いやすいデザインから資産運用ツールとしても優秀なCoincheck(登録無料)で口座開設し投資の準備を始めましょう。

Coincheckで口座開設


OpenSea(オープンシー)でNFTアートを購入する方法を画像付きでわかりやすく解説

NFTマーケットプレイスの中で知名度が高く数多くのユーザーが売買を行なっているOpenSea

NFTアート(イラストや写真)の売買に関するサイトや書籍でも代表として紹介されているため、NFTを始めるにあたってまず登録しておきたいNFTマーケットプレイスと言えるでしょう。

しかし国内の企業が運営するサイトなどとは違い現在日本語には対応しておらず、英語が得意でなく、さらに仮想通貨関連の知識が少ない初心者の方には難易度が少し高く感じられると思います。

この記事で「英語表記でどこをクリックすれば正しく登録が完了するのかわからない」、「解説を見ながら登録を進めたい」といった方向けにNFTアートの購入手順やNFTマーケットプレイスの登録手順を画像付きでわかりやすく解説していきます。

NFTアートを購入するために必要な3つの事項

まずはこれから紹介する「NFTアートを購入する準備段階としてやっておくべきこと」を済ませておきましょう。

1.Coincheck(コインチェック)でイーサリアム(ETH)を購入する

NFTアート作品だけでなく、有名絵画などを購入するにはそれを購入するための資金が必要です。

有名絵画ではお金(貨幣)であり、それがNFT市場では仮想通貨、基本的にイーサリアム(ETH)が対象通貨となっています。

そのためイーサリアムを取り扱っている暗号資産取引所であり、後述する「MetaMask(メタマスク)」という仮想通貨ウォレットとも連携しやすいCoincheck(登録無料)の登録は最初に済ませておきましょう。

Coincheckで口座開設


2.MetaMaskのアカウント登録

先ほど登場した「MetaMask」はイーサリアムブロックチェーンとのやり取りに使用される仮想通貨ウォレットです。

OpenSeaではコインチェック内で保有しているイーサリアムを直接使用してNFTアートを購入することはできません。

MetaMaskとコインチェックを連携しMetaMaskに必要な分だけのイーサリアムを送金することでOpenSeaでのNFTアートの購入が可能になります。

MetaMask(拡張機能)をインストール

3.OpenSeaのアカウント登録

上記の2つを完了してからOpenSea(登録無料)のアカウント登録に移ります。

OpenSeaの登録はこちら



スポンサーリンク

OpenSeaの登録手順

OpenSeaの公式サイトへ行き、「Create」をクリック。

ウォレットを選択する画面に進むので、キツネマークの「MetaMask」を選択。

この画面が出たらMetaMaskを登録した時に作成したパスワードを記入してロック解除をすれば登録は完了です。

MetaMaskのアカウント登録がまだの方はこちらを参照


好きなイラストレーターやアーティストのアカウントをサイト上部の「Search」で検索し、気に入ったNFTアート作品があればクリック。

クリックすると上記のような画面になるので、表示されている現在価値(この作品の現在価値は1.75ETH)をコインチェックからMetaMaskに送金し「Buy now」をクリックすれば購入が完了します。

タイトルとURLをコピーしました