映画「サヨナラまでの30分」の主題歌を含めたサントラが公開!予告で流れたリード曲がエモいと話題

サヨナラまでの30分エンタメ
引用:Twitter

映画「サヨナラまでの30分」の主題歌を含めたサントラが公開!予告で流れたリード曲がエモいと話題

彼が遺したカセットテープがつなぐ
青春と音楽と恋のプレイリスト–––––。

俳優として注目を浴びる新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を果たした“入れ替わり”“音楽”を主軸としたラブストーリー映画「サヨナラまでの30分」が2020年1月24日に公開されます。

全国ロードショーに先立ち、映画主題歌であるリード曲「瞬間(sayonara ver.)」と「もう二度と」を含めたオリジナルサウンドトラックが公開されました!

主演を務める2人のビジュアルはもちろん、予告編の中で歌唱力抜群の2人が歌う主題歌がエモいと注目が高まっています。

映画「サヨナラまでの30分」のあらすじ

1年前にボーカルの宮田アキが死んだことでメジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。

そのメンバーの元に現れたのは可能性に溢れているも人付き合いの苦手な窪田颯太だった。

そんな颯太はもうこの世にいないアキが残したカセットテープを見つけたことでカセットテープを再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができるようになった。

誰をも魅了する歌声を持つ颯太に少しずつ心を動かされていくメンバーたちと、ポジティブなアキとそのメンバーと音楽を奏でる楽しさを知り始めた颯太。

アキも颯太と入れ替わりながらECHOLLを復活させることになった。

だがあと1人、元メンバーでありアキの恋人であった村瀬カナだけは戻ってこない。

2人とメンバーはカナをメンバーに呼び戻すべく、最高の1曲を作り上げようとする。

曲を作っていく中で、颯太もカナに惹かれ始め、カナもアキの面影を感じる颯太に心を開き始めるのだが、カナは颯太がアキなのではないのかと気付き始める。

そんな時、アキのカセットテープにも異変が起き始めていた–––––。


スポンサーリンク

映画「サヨナラまでの30分」のサントラを紹介

リード曲「瞬間(sayonara ver.)」(オリジナルサウンドトラック 30曲目に収録)

劇中のアキと颯太が所属するバンドECHOLL(エコール)が歌うこの曲は、キャッチーなイントロからエモーショナルで心地のいい2人のボーカルが印象的。サビまでの緩急のある展開と盛り上がりのあるサビに加え、2人のハモりがかっこいいです。

リード曲「もう二度と」(オリジナルサウンドトラック 11曲目に収録)

落ち着きのあるイントロからハイトーンボイスのボーカルが印象的。予告編で流れたシーンでも感じたエモーショナルな雰囲気がエモいという言葉そのもの。

サビの歌詞にある

優しさとか 悲しみとか
なにもかも全部 あなたと覚えた

など、ラブストーリーである作風にマッチしたストレートな愛言葉が満載。

オリジナルサウンドトラック収録曲一覧

1.First Impression
2.一人自転車で
3.入れ替わり
4.アキ出現
5.お願い、体貸して!
6.作戦実行1
7.フラッシュバック
8.作戦実行2
9.アキが、今の俺ら見たらどう思うかな
10.目を覚ましてよ
11.もう二度と
12.颯太とアキ1
13.縁側ロマンス
14.トロイメライ
15.予兆
16.stand by me (guitar ver.)
17.stand by me (piano ver.)
18.颯太とアキ2~新曲作り
19.デート
20.風と星
21.星空に包まれて
22.サイン
23.透明になったカセットテープ
24.蘇った記憶
25.カナと颯太の決断
26.僕は…気持ちが良かった
27.重なっていく時間
28.サヨナラまでの30分
29.真昼の星座
30.瞬間 (sayonara ver.)


映画「サヨナラまでの30分」のオリジナルサウンドトラックはこちら

andropの内澤崇仁の挿入歌にも注目

引用:Twitter

“入れ替わり”を軸に進むストーリーの内容にはもちろん、オルタナティヴバンドである雨のパレードodol、人気SSWであるAimerの人気曲「カタオモイ」などに楽曲提供を行った実力派音楽プロデューサー内澤崇仁(androp)が担当した「ECHOLL」の楽曲含め、挿入歌にも注目です。

新田真剣佑、北村匠海を始め、村瀬カナ演じる久保田紗友やバンドメンバーを演じる葉山奨之、上杉柊平、清原翔が送るキラキラ輝いた青春ラブストーリー。音響にも注目したい本作をぜひ劇場でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました