NOA(ノア)のプロフィールや人気曲「LIGHTS UP」を含めたおすすめ曲を紹介!

NOA 画像音楽
引用:Instagram

NOA(ノア)のプロフィールや人気曲「LIGHTS UP」を含めたおすすめ曲を紹介!2020年代注目の新人歌手

インターナショナルアーティストとしてアジア各国から注目を集めているNOA。

自ら作詞、作曲、さらにはダンスの振付も手掛けることができるカリスマ性を感じさせる多才性とルックスのプロポーションでリスナーを魅了する彼のプロフィールや人気・おすす曲を紹介します。

NOA(ノア)のプロフィール

NOAは現在東京を拠点に活動する男性アーティスト。誕生日は2000年3月13日。

「ハイスクール・ミュージカル」を観たことがきっかけで、音楽とダンスで表現するエンターテイメント性に興味を持ち始める。

母の影響で小さい頃からポップスだけでなくクラシックやジャズ、R&B、ヒップホップなど幅広い音楽に触れる。

2012年、母の仕事の都合で韓国に滞在していた時に美容院でK-POPアーティストを担当しているヘアスタイリストにスカウトされ、韓国大手事務所「YGエンターテインメント」のオーディションに参加し合格。

2018年に日本へ帰国すると、アミューズと契約。

2020年、1stシングル「LIGHTS UP」でデビュー。

多才な音楽性だけでなく、183cmという長身とルックスのプロポーションも人気を集めており、インスタグラムのフォロワーは13万人にものぼる。


スポンサーリンク

NOA(ノア)の人気曲・おすすめ曲

TAXI/NOA, tofubeats (2020)

イントロからセンセーショナルでキャッチーな雰囲気を表現しているメロディと透き通るように響き渡るソフトな歌声が心地いい。

英語も流暢で違和感を感じさせないボーカルサウンド、tofubeatsの個性的なフロウがスパイシーなラップパートがかっこいいです。

R&Bやヒップホップ、ポップスのエッセンスを交えた曲調が圧倒的な完成度でトレンディーな人気沸騰中の一曲。


スポンサーリンク

LIGHTS UP/NOA (2020)

アップテンポでダンサブルな曲調、エレクトロニックなサウンドを多用した乗りやすいダンスミュージック。

日本人離れした音楽性を持つNOAならではのボーカルサウンドが西洋音楽寄りの曲調と完璧なマッチングを見せていて、iPhone 11で撮影したMVも個性的で曲中のダンスパフォーマンスも魅力的。

爽快なテンポ感に乗せるポジティブな歌詞にも注目です。

FIREWORKS/NOA (2020)

落ち着きのある曲調とNOAの透き通るようなハイトーンボイスがエモーショナルで一目惚れ不可避のチルミュージック。

花火や星空を背景に思い出を写した写真を散りばめるMVも今で言う「エモい」という言葉がフィットする作風で心揺さぶられます。


スポンサーリンク

LOOP/SIRUP (NOA COVER)

シンガーソングライターとして活動するSIRUPの楽曲「LOOP」をNOAが個性的にカバー。

彼らしい透き通るエモーショナルなボーカルが印象的でナイトグルーヴな曲調とマッチしています。

原曲よりもフワッとしたソフトな作風となっているのでこちらの方が好みと感じるリスナーも多いのかなと思います。



アーティストとしてはもちろん、爽やかなオーラを放つルックスからも圧倒的な可能性を感じるNOA。

デビューして間も無く日本の人気アーティストとコラボを果たすなど実力派な彼の今後に期待が高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました