MALIYA(マリヤ)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介 多彩なスタイルで注目を集める実力派シンガー

MALIYA 画像音楽
引用:Instagram

MALIYA(マリヤ)のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介 多彩なスタイルで注目を集める実力派シンガー

テン年代初頭から計り知れない速度で成長を遂げてきたミュージックシーン。

数多くのアーティストやバンドが誕生する中、R&Bやジャズ、Hiphopといったブラックミュージックを中心とした多彩な音楽性を武器に、邦楽ミュージックシーンにセンセーションを巻き起こしているシンガーソンングライターのMALIYAが注目を集めています。

歌唱力抜群の実力派である彼女のプロフィールや人気・おすすめ曲を紹介します。

MALIYA(マリヤ)のプロフィール

MALIYAは神奈川出身のシンガーソングライター。

音楽好きの母親の影響もあり幼少期からマライヤ・キャリーやデスティニーズ・チャイルドといった90年代R&Bシーンを彩る人気アーティストに加え、宇多田ヒカルなどさまざまなジャンルの音楽を聴き育ったのがきっかけで楽曲制作を始めます。

高校卒業後、音楽専門学校に入学し楽曲制作と並行してボーカルやダンス、ピアノを練習し始めます。

18歳の時に自身が書き下ろした楽曲でSonyMusic×ZOOMが主催する歌手発掘オーディション「1st Demo Song」でZOOM賞を受賞する実力を発揮。

20歳の頃にボストンのバークレー音楽学院のサマープログラム・ショートプログラムに参加し、その後作曲やライブ活動など、本格的にムーブメントを展開。

2016年8月に自身初となるEP「ADDICTED」をリリース。

2018年にリリースしたアルバム「ego」がリスナーの反響を呼び、脚光を浴びました。


スポンサーリンク

MALIYA(マリヤ)の人気・おすすめ曲

Breakfast In Bed/MALIYA, Ryohu (2018)

MALIYAの楽曲の中でも名刺的一曲として知られる人気曲。プロデューサーのSTUTSが手がけるオールドスクールに似たグルーヴのキャッチーな曲調と透き通るような女性ボーカルが心地いい。

フィーチャリングのラッパーRyohuのパートも楽曲の雰囲気にマッチしたソフトでありながらスパイスの効いていてGOODです。

Breakfast In Bedは人気あるアルバム「ego」に収録されています。


スポンサーリンク

All of My Youth/MALIYA (2020)

シングル「All of My Youth」からのナンバー。現代的なサウンドを交えて展開されていくメロディが印象的で、歌唱力抜群なフロウで作り上げるアダルティーな雰囲気も最高。

I’m Ready/MALIYA (2019)

EP「unswyd」からのナンバーで、エキゾチックな雰囲気の感じるイントロやアップテンポでダンサブルなメロディがオシャレ。


スポンサーリンク

Skin/MALIYA (2018)

アルバム「ego」からのナンバー。ジャズやR&B、その他さまざまなジャンル性を感じられる完成度高い一曲で、夜のゆったりしたい時間におすすめです。

Addicted/MALIYA (2016)

EP「ADDICTED」からのナンバーで、デビューEP収録の楽曲でありながらクリアなエモーショナルボイスと繊細なメロディがマッチした完成度の高い一曲。

キャッチーなテンポ感が心地よく乗れるR&Bミュージック。

 Numb Hands/MALIYA (2018)

アルバム「ego」からのナンバー。シンプルで落ち着きのある曲調とドラマチックな雰囲気が感じられるピアノ音が印象的なソウルミュージック。

ロマンチックな歌声とスローテンポが心地いい夜のリラックスタイムに聴きたい一曲です。

7 Signs/MALIYA (2019)

シングル「7 Signs」からのナンバーで、90’sを想起させるBoom Bapを主とした曲調にいくつものシンセ音を繊細に組み合わせ作り上げられたサウンドがセンス抜群。



現在ブログで主に楽曲紹介をしていますが、音楽ストリーミングサービスのSpotifyでもプレイリストを公開し個人的に今が旬な楽曲を定期的に更新しているので、そちらもチェックしていただけたら幸いです。



スポンサーリンク

MALIYA(マリヤ)のライブや最新情報

多彩な音楽性を持ち、歌唱力抜群なポテンシャルのシンガーソングライターMALIYA。

20年代に入ってからも注目を集め続けていくこと間違いなしの彼女のライブや最新情報はMALIYA公式Instagram、Twitterからチェック可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました