映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の主題歌がTRUEの新曲「WILL」に決定!

ヴァイオレット・エヴァーガーデン映画
引用:Twitter

映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の主題歌がTRUEの新曲「WILL」に決定!

前作の映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -」の公開から1年、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが最後の手紙を綴るために再び、劇場に帰って来る!

2020年9月18日、京都アニメーションが仕掛ける感動作「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の主題歌がTRUEの新曲「WILL」に決定しました。

WILL/TRUE

優しいハイトーンボイスが響きわたり、ドラマチックなサウンドが感動作らしい作風になっています。


映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のあらすじ

感情を持たなかったヒロインが「愛してる」を知り、愛する人へ送る最後の手紙──

代筆業に従事する彼女の名は、〈ヴァイオレット・エヴァーガーデン〉。
幼い頃から兵士として戦い、心を育む機会が与えられなかった彼女は、
大切な上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア〉が残した言葉が理解できなかった。
──心から、愛してる。

人々に深い傷を負わせた戦争が終結して数年。
新しい技術の開発によって生活は変わり、人々は前を向いて進んでいこうとしていた。
しかし、ヴァイオレットはどこかでギルベルトが生きていることを信じ、ただ彼を想う日々を過ごす。
──親愛なるギルベルト少佐。また今日も少佐のことを思い出してしまいました。
ヴァイオレットの強い願いは、静かに夜の闇に溶けていく。

ギルベルトの母親の月命日に、
ヴァイオレットは彼の代わりを担うかのように花を手向けていた。
ある日、彼の兄・ディートフリート大佐と鉢合わせる。
ディートフリートは、ギルベルトのことはもう忘れるべきだと訴えるが、
ヴァイオレットはまっすぐ答えるだけだった。「忘れることは、できません」と。

そんな折、ヴァイオレットへ依頼の電話がかかってくる。依頼人はユリスという少年。
一方、郵便社の倉庫で一通の宛先不明の手紙が見つかり……。

引用:http://violet-evergarden.jp/



スポンサーリンク

映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の見どころ

圧倒的な映像美で描かれる「愛してる」の意味を見つけるまでの物語がいよいよ本作で最終章を迎えます。

戦争と大切な人=ギルベルト少佐との別れにより深い傷を負ったヴァイオレットが周囲の感情豊かな登場人物と過ごしていく中で日に日に成長、そして感情豊かになっていく様に心揺さぶられるストーリー。

そんな歴代アニメーション作品の中でも満足度の高いシリーズのラストでヴァイオレットは「愛してる」を教えてくれたギルベルト少佐へどんな経緯(いきさつ)で手紙を届け、愛を伝えるのかが最も注目したいポイントです。

そして戦争で別れた以降、会いたくても会わせてもらえないギルベルト少佐がまだ生きているのかというこれまで不明瞭だった事実は最終章でどう落とし込むのかも見どころのひとつ。

どんな結末が待っていて、その事実に向き合うヴァイオレットの感情がどう描かれるのか楽しみです。


映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -」は外伝ということで、それほど繋がりのある内容ではないものの、ヴァイオレットの美しさはもちろん、あまり焦点を当てられないベネディクトの感情を漏らす役回りも楽しめるのでおすすめです。


映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のサントラを紹介

アニメシリーズと前作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -」に引き続き、音楽を担当するのはアメリカの作曲家エバン・コール

主題歌「WILL」の作曲にも携わり、曲から伝わる壮大でドラマチックなサウンドで劇中を盛り上げてくれます。



シリーズ最終章、ぜひ劇場でお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました