中村佳穂(なかむらかほ)のおすすめ曲5選!話題性にあふれた個性派歌手に注目

音楽
引用:Twitter

中村佳穂(なかむらかほ)のおすすめ曲5選!話題性にあふれた個性派歌手に注目

時代にこだわったりジャンルにこだわって曲を聞いているリスナーさんは多いと思います。今回紹介する中村佳穂(なかむらかほ)さんはその形にこだわった音楽性には興味がないと語っています。

オルタナな型にはまらない「中村佳穂」という1つのジャンルを形にしつつある彼女のおすすめ曲を紹介していきます。

中村佳穂(なかむらかほ)とは

中村佳穂(なかむらかほ)さんは京都在住で1992年生まれのミュージシャン。音楽活動を本格的に始めたのは京都精華大学に入学した20歳からだそう。

ソロで中毒性のある個性的な楽曲を提供し続けている中村佳穂さん。最近では有名アーティストとコラボソングも制作するようになり、そこでも中村佳穂さんらしさを最大限に表現しているアグレッシブさが彼女の音楽への向き合い方が伺えます。

ライブの演奏中に「音楽には自分から歩み寄らないと届かない」と中村佳穂さん自身が口にしていました。音楽への愛情があふれていた瞬間でした。


スポンサーリンク

中村佳穂(なかむらかほ)のおすすめ曲5選

きっとね!/中村佳穂 (2018)

アルバム「AINOU」からのナンバー。中村佳穂さんの楽曲の中で一番人気のある曲です。これを聞いてから中村佳穂信者になった方も多いはず。キャッチーな曲で、逆に中村佳穂さんの楽曲では珍しい一曲です。


スポンサーリンク

CHACE feat. 中村佳穂/蓮沼 執太 (2019)

東京出身の作曲家兼アーティストの蓮沼 執太(はすぬましゅうた)さんとのフューチャリングソングです。落ち着いたサウンドと打楽器音が来ていて心地がいい一曲。共作でも中村佳穂さんの味が変わることなく、むしろもっと雰囲気がある印象です。

eye to eye/中村佳穂×Kan Sano (2018)

今人気を集めているアーティスト兼トラックメーカーのKan Sano(カンサノ)さんとの共作でめちゃくちゃオシャレです。エモいという表現が似合う曲だと思います。Kan Sanoさんが奏でるサウンドもオシャレなものが多く、良曲が多いです。

残念ながらこのeye to eyeはデジタル音楽配信やCDの販売はしておらず、7インチシングルレコードのみの販売となっているので、Youtubeでしか聞くことが難しいある意味レアな一曲です。


スポンサーリンク

GUM/中村佳穂 (2018)

アルバム「AINOU」からのナンバーで、ナイトグルーブな曲調に中村佳穂さんのソフトな歌声を乗せた一曲です。

アイアム主人公/中村佳穂 (2018)

アルバム「AINOU」からのナンバー。これこそ中村佳穂節といった世界観の一曲です。メロディーにボーカルをハメすぎない歌い方や、喋り口調なボーカルの中に中村佳穂さんの芸術性を感じます。

LINDY/中村佳穂 (2019)

シングル「LINDY」からのナンバーです。こちらも中村佳穂さんらしいハズしのある歌い方と落ち着きのあるサウンドでオシャレ感満載です。


現在ブログで主に楽曲紹介をしていますが、音楽ストリーミングサービスのSpotifyでもプレイリストを公開し個人的に今が旬な楽曲を定期的に更新しているので、そちらもチェックしていただけたら幸いです。

中村佳穂(なかむらかほ)のライブや最新情報

まだメディアに取り上げられることは少ないながらも、 音楽配信サービスのSpotifyApple Musicなどではリスナーが増え続けているので今後の飛躍が楽しみです!

下記に中村佳穂(なかむらかほ)さんのライブや最新情報についてのURLを記載したので、気になった方はぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました