【I-O DATA GigaCrysta】EX-LDGC241UDBとEX-GC253Uの違いを比較!どっちがおすすめ?

I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC241UDB EX-GC253U 違い 比較 画像 Game

※当サイトは広告を含みます

【マウスコンピューター】最大45,000円OFFの初夏SALE開催中!40シリーズが安い

セールモデルを見る


今お得なセール中のゲーミングデバイスをAmazonゲーミングStoreでチェック!

AmazonゲーミングStore



スポンサーリンク

【I-O DATA GigaCrysta】EX-LDGC241UDBとEX-GC253Uの違いを比較!どっちがおすすめ?

I-O DATA(アイ・オー・データ)の長年人気を集め続けているゲーミングモニター・GigaCrystaシリーズにはいろんなモデルがありますよね。

そのI-ODATA GigaCrystaのゲーミングモニターに同じ240Hzを誇る「EX-LDGC241UDB」と「EX-GC253U(LCD-GC253U)」という人気モデルがあります。

この記事では240Hzという高いリフレッシュレートを誇る2台のスペックを比較し、どういった違いがあるのかを調査。自分の使い方に合うおすすめモデルを決める指標にしていただければと思います。

EX-LDGC241UDBとEX-GC253Uのスペック比較と特徴

EX-LDGC241UDB vs EX-GC253U スペック比較表

モデル名EX-LDGC241UDB
EX-GC253U
画面サイズ23.8インチ24.5インチ
パネル方式ADSTN
解像度1920×1080 (FHD)1920×1080 (FHD)
リフレッシュレート240Hz240Hz
応答速度5ms(GtG) / 0.9ms(GtG)=オーバードライブレベル3設定時0.4ms(GtG)=オーバードライブレベル3、ClearAIMレベル3設定時
最大輝度350cd/㎡400cd/㎡
コントラスト比1000:1
CREXレベル2設定時:12800:1
1000:1
本体サイズ約645(W)×190(D)×404(H)mm約756(W)×132(D)×530(H)mm
画面調節チルト角=上:20° 下:3° / スイベル角=左:65° 右:65° / 高さ調整=110mm / ピボット(回転)=右:90°チルト角=上:20° 下:5° / スイベル角=左:45° 右:45° / 高さ調整=150mm / ピボット(回転)=右:90°
入力端子HDMI×2 / DisplayPort×1 / ステレオミニジャック φ3.5mmHDMI×2 / DisplayPort×1 / ステレオミニジャック φ3.5mm(4極CTIA)
搭載テクノロジーAMD FreeSync™ Premium / オーバードライブ / スルーモード / バーストモード / HDR / Night Clear Vision / エンハンストカラー / 超解像技術 / CREXオーバードライブ / Clear AIM / Adaptive-Sync(G-SYNC Compatible認定) / スルーモード / バーストモード / HDR / Night Clear Vision / エンハンストカラー / 超解像技術
電源AC100VAC100V
消費電力55W(最大) / 19.4W(通常 / オンモード)37W(最大) / 17.2W(通常 / オンモード)
発売日2022年5月上旬2021年7月29日


I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC241UDBの特徴

EX-LDGC241UDBで注目すべきは「ADSパネル」、「AMD FreeSync™ Premium」、「CREX」。

ADSパネルは上下:178°左右:178°の広視野角なのでどこからモニターを見ても色の変化が少ないのが魅力、見る位置を限定されることがないのでゲームだけではなく映画やアニメといった動画視聴も楽しめます。

AMD FreeSync™ PremiumはGPU(PC)とモニター側のリフレッシュレートを同期させることでティアリング(映像のずれ)やスタッタリング(カクツキ)を抑制してくれます。

ゲームの重要なシーンで映像が乱れることはパフォーマンスに大きく影響が出るので特に動きの激しいFPSなどのゲームをする方にとってはあると助かるテクノロジーです。

CREXは映像が暗いときにバックライトの輝度レベルを下げ、映像が明るいときにはバックライトの輝度レベルを上げ、バックライトの輝度を自動的に制御する機能です。

引用元:iodata.jp

これをオンにすることで明るさを自然にコントロールしよりそのシーンを魅力的に映し出してくれるので映画に最適。

EX-GC253Uに比べてベゼルが細いのでスタイリッシュなデザインになっています。

I-O DATA GigaCrysta EX-GC253U(LCD-GC253U)の特徴

EX-GC253Uの注目すべき特徴は「応答速度」と「Clear AIM」といったより高いゲーミング性能にあります。


EX-LDGC241UDBの応答速度が「0.9ms」なのに比べ、EX-GC253Uは「0.4ms」というTNパネルならではの高速な応答速度を誇っており、より残像感の低減を実現しています。

Clear AIMは色変化にわずかに時間がかることで起こるブレ(モーションブラー)をリフレッシュレートに応じてバックライトを点灯/消灯させ低減してくれる機能です。

引用元:iodata.jp

FPSなどの動きの激しいゲームでは映像がブレやすいですが、それを軽減してくれることでプレイ中の優位性を高めてくれます。

EX-LDGC241UDBに比べスタンド高さの調節範囲も広いので幅広いスタイルに対応しています。

EX-LDGC241UDBとEX-GC253Uの選び方

購入者の用途や優先したい性能などによっておすすめのモデルは変わってくるので、モデル別にまとめると

I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC241UDBがおすすめな人

・FPSやレーシングゲームだけでなく映画やアニメなどの映像作品も楽しみたい


I-O DATA GigaCrysta EX-GC253Uがおすすめな人

・プロユース仕様の高性能なゲーミングモニターを探している


以上になります。同じGigaCrystaの中でも少しずつ機能が違っているのでどんなゲーミングモニターが自分に向いているのかの参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました