【仮想通貨】Helium(ヘリウム/HNT)とは?取引所での買い方・手順をわかりやすく解説

仮想通貨 Helium ヘリウム HNT 画像Crypto/NFT

【仮想通貨】Helium(ヘリウム/HNT)とは?取引所での買い方・手順をわかりやすく解説

近年話題となっている新しいネットワークの概念「Web3.0」およびそれに関連した仮想通貨である「Web3.0銘柄」が注目を集めてきています。

今回紹介するのはそのWeb3.0銘柄の中でもIoTデバイス用の信頼性の高い分散型のグローバルネットワークを作成することを目的とし、P2Pシステムを提供するプロジェクトとして将来性が期待されている「Helium(ヘリウム)」が発行する仮想通貨「HNTコイン」です。

コインを保有しているユーザーが参加できるIoTとWiFi接続よりも遥かに安全かつ200倍にも及ぶ広範囲の網羅性を誇るネットワークというシステムに興味がある方向けに暗号資産取引所での買い方・手順を画像付きで解説していきます。

P2P(Peer to Peer)とは:不特定多数の通信機器(スマホなど)がサーバーを介さずに、端末同士で直接データやファイルを共有することができる通信技術のこと。


Helium(ヘリウム/HNT)の概要

通貨名:Helium、ヘリウム
通貨単位:HNT
時価総額ランキング:47位(2022年6月時点)
発行上限:223,000,000 HNT
購入可能な暗号資産取引所:Binance、FTX ほか


Helium(ヘリウム/HNT)のリアルタイム価格チャート


Helium(ヘリウム/HNT)の始め方

Heliumのシステム向上に携わる(例:ネットワークを使用してデータを共有する など)ことで報酬として得ることが可能なHNTコイン(HNTトークン)。

しかしながら現状では日本でHNTコインを取り扱っている仮想通貨取引所がないため、購入する手順を共有させていただきますと

  • Coincheckなどの国内取引所でBitcoin(BTC)を購入
  • 購入したBitcoin(BTC)をBinance(バイナンス)などの取り扱いのある海外取引所へ送金
  • 送金したBitcoin(BTC)で保有したいコインを購入


上記の流れになります。

この記事では数ある国内仮想通貨取引所の中でも初心者の方もそのシンプルなデザインから取引が行いやすいCoincheck(コインチェック)を使って解説していきます。

Coincheckが初心者におすすめな理由

コインチェック

  • アプリダウンロード数国内No.1の信頼性
  • シンプルなアプリデザインで操作がカンタン
  • 初めての方でも安心な取引手数料無料サービス
  • 少額からでも購入できる(500円から)


上記の理由から初めて仮想通貨取引を始める方にはCoincheckでの口座開設を強くおすすめします。

Coincheckのチャートデザイン(スマホアプリ/PC)


暗号資産取引所は初めに開設した口座だけでなく複数開設することができます。(例:Coincheckで口座開設し、その後bitFlyerで口座開設する など)


Coincheckに会員登録(無料)する

Coincheck公式サイトに移動し「会員登録」からアカウントを作成しましょう。

会員登録の流れ

  1. 会員登録画面でメールアドレス・パスワードを作成
  2. 登録したメールアドレスに届いたURLから登録したメールアドレスを確認
  3. 電話番号を入力し、SMS認証
  4. 氏名や住所などの必要事項を入力
  5. 本人確認書類の提出(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど選択可能)


無事審査に通り口座開設が完了することで入金が可能になります。

Helium(ヘリウム/HNT)の買い方をわかりやすく解説

ここからはWEBで口座開設が完了した後の買い方(入金方法)を紹介していきます。

WEBの場合

左メニューの「ウォレット」から「日本円の入金」をクリック

銀行振込・コンビニ入金・クイック入金から入金方法を選択(銀行振込がおすすめ)

入金する銀行が表示されます

銀行振込の場合は上記の画像のように銀行名と支店名、口座種別、口座番号、口座名義、振込人名義が表示されます。

入力に間違いがないか確認しながら入金手続きを入金しましょう。

アプリの場合

Coincheckアプリを起動し下のメニューにある「ウォレット」をタップ。

ウォレットを開くと法定通貨・暗号資産の銘柄が表示されるので「日本円」をタップ。


「入金」をタップし入金方法の画面へ移動します。


入金方法は

  • 銀行入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

の3つから選択できます。

それぞれの入金方法の特徴

・銀行入金

その名の通り選択可能な銀行へ日本円を振り込み、入金をする方法です。

手数料無料。

・コンビニ入金

コンビニからCoincheck口座へ入金する方法です。

お近くのコンビニから手軽に入金できますが

入金額3万円未満=770円
入金額3万円以上30万円以下=1018円

の手数料がそれぞれかかります。

・クイック入金

ネットバンキング(PC、スマホ)、ATMなど多くの入金手段があります。

ほかの入金方法に比べ場所を選ばずに入金でき、さらに口座への入金反映時間が短いのが特徴ですが

入金額3万円未満=770円
入金額3万円以上50万円未満=1018円
入金額50万円以上=入金金額×0.11%+495円

の手数料がそれぞれかかります。


仮想通貨の送金方法

Coincheckの場合(アプリ)

Coincheckにログインし下メニューにある「ウォレット」をタップし送金する仮想通貨(BTC)を選択

「アドレス」をタップして送金先を選択

登録してある送金先がない場合はこの画面から「送金先を追加」をタップ

「送金先名」、「送金先アドレス」を入力し「追加」をタップ

「送金先サービス名」から送金する取引上を選択しましょう(送金したい取引所が見当たらない場合はその他を選択)

「受取人種別」を選択

Coincheckの場合(WEB)

Coincheckにログインしホームメニュー下部にある「暗号資産の送金」をクリック

1.「送金する通貨」で送金したい暗号資産を選択

2. 宛先を選択※宛先がない場合は「宛先を追加/編集」で追加

3.「送金先サービス名」で暗号資産取引所を選択(送金したい取引所がない場合はその他を選択)

4. その他を選択した方は具体的な送金先サービス名を入力

5. 総金額を入力

6. 「次へ」をクリックし申請内容が正しければ二段階認証を入力すると申請が完了します。

まとめ

HeliumはWeb3.0時代のより安全で快適なネットワークシステムの構築によりIoT技術の問題点を克服するプロジェクトとして期待されています。


冒頭で説明させていただいたHeliumの将来性を踏まえて今後価格上昇の見込みがあると予想し、かつ預金だけでなく少しずつ仮想通貨での投資を考えている方はぜひHNTの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Coincheckで口座開設


Coincheckなどの暗号資産取引所は登録から口座開設が完了するまで平均1週間程度の時間がかかるので本当に始めたいタイミングで入金ができないというアクシデントを防ぐためにも早めの登録を心がけましょう。



無料登録後の株や暗号通貨への投資は自己責任となります。必ず成長が保証されているというものは存在しないので本当に自分の購入したいものなのかをしっかりと見極めた上で購入を検討しましょう。
また当サイトの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。詳しくはプライバシーポリシーに記載の免責事項をお読みになった上でご利用・閲覧いただくようお願い致します。



Crypto/NFT

SNSでもNFT関連情報をシェアしています。フォローよろしくお願いします!

 Twitter 

JohoTaxi
タイトルとURLをコピーしました