Red Velvet(レッドベルベット)の人気曲を含めたおすすめ曲10選!

音楽
引用:Twitter

Red Velvet(レッドベルベット)の人気曲を含めたおすすめ曲10選!

2014年にデビューを果たし、そのファッショナブルなルックスや歌唱力抜群の実力派な一面から韓国だけでなく世界で注目を集め続けているRed Velvet。

2019年には日本アリーナツアー「Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN “REDMARE”」を開催するなど日本での知名度も高いK-POPガールズグループの1つです。

アイドル活動だけでなく俳優業やモデル業もこなす多彩なメンバーが歌う人気曲を含めたおすすめ曲を紹介します。

Bad Boy/Red Velvet (2018)

ヒップホップ調のクールなトラックで展開していくトレンディーな雰囲気が韓国だけでなく西洋のリスナーにも聴かれたこともあり、YouTube再生回数も2億5千万回を突破するほどの爆発的な人気を集めました。

低めのビートが印象的な曲調に透き通るようなハイトーンボイスのボーカルサウンドのマッチング、MVでのヒップホップダンスを交えたキャッチーなダンスとあらゆる部分が良質に仕上がっています。

Bad Boyはアルバム「The Perfect Red Velvet – The 2nd Album Repackage」に収録されています。



スポンサーリンク

Peek-A-Boo/Red Velvet (2017)

アルバム「Perfect Velvet – The 2nd Album」からのナンバー。乗りやすいキャッチーなテンポと思わず口ずさみたくなるようなサビの

Peek-Peek-A-Peek-A-Boo

が中毒性のある一曲です。


Red Flavor/Red Velvet (2017)

EP「The Red Summer – Summer Mini Album」からのナンバーで、入りのサビから引き寄せられるような響き渡るボーカルサウンドが気持ちいい。

乗りやすい曲調にボーカルサンプルの多用や終盤にあるキレのあるラップパートがかっこよく、ハマること間違いなしのポップスミュージックです。



スポンサーリンク

Psycho/Red Velvet (2019)

アルバム「‘The ReVe Festival’ Finale」からのナンバー。

スローテンポながら迫力のあるサウンドが響き渡る曲調と5人の息のあった鮮やかなサビが印象的で、MVでの美しさを表現する衣装や映像の色彩もセンス抜群です。

歌詞の

서로 좋아 죽는 바보 바보 (お互い好きで死ぬバカ)

というパートが印象的で、ここが曲名のPsycho(気の狂っている)を象徴している部分でもあります。

YouTubeにMVが公開されると瞬く間に1億万回再生を突破する人気を集めた一曲です。


Power Up/Red Velvet (2018)

EP「Summer Magic – Summer Mini Album」からのナンバーで、跳ねるようなリズムとエレクトロニックなサウンドがポップでキュートな雰囲気。

明るい雰囲気とサビのキャッチーな感じが乗れるので夏のドライブにもおすすめです。



スポンサーリンク

Umpah Umpah/Red Velvet (2019)

アルバム「‘The ReVe Festival’ Finale」からのナンバー。独特なベースラインや鮮やかなサウンドで繰り広げるファンタジックな曲展開が新鮮です。

サビのコーラスが歌う

Umpah,umpah,umpah,umpah

がクセになります。

Eyes Locked, Hands Locked/Red Velvet (2019)

アルバム「‘The ReVe Festival’ Finale」からのナンバーで、極上に甘い雰囲気を表現しているR&B調のトラックが心地よく、アップテンポでノリノリのポップスミュージックよりも落ち着きのあるような楽曲が好きな方におすすめです。

Dumb Dumb/Red Velvet (2015)

アルバム「The Red – The 1st Album」からのナンバーで、トランペットサウンドを主体といたアンサンブルなメロディに表現豊かなメンバーのボーカルサウンド、ひとつひとつのコーラス(合いの手)がかっこいいです。


Ladies Night/Red Velvet (2019)

アルバム「‘The ReVe Festival’ Finale」からのナンバー。シティ・ポップを想起させた曲調に友達と夜を過ごす時のワクワク感を歌詞で忠実に再現している聴き心地のいい一曲です。


スポンサーリンク

RBB (Really Bad Boy)/Red Velvet (2018)

EP「RBB – The 5th Mini Album」からのナンバーで、アップテンポのドラムスビートで展開していくクールな雰囲気がかっこいいです。

シャウトするようなボーカルサウンドがアグレッシブで盛り上がること間違いなしのパフォーマンス要素の多い一曲。




Red Velvet(レッドベルベット)のプロフィール

2014年、SMエンターテインメントからデビューしたの5人組K-POPガールズグループ。

グループ名には

強烈で魅惑的な色である赤(Red)と、女性らしくて柔らかいイメージのベルベット(Velvet)のように、色があり洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する



という意味がある。

メンバー

アイリーン(아이린, Irene)

リーダー/メインラッパー/リードダンサー/サブボーカル

1991年3月29日生まれ

スルギ(슬기, Seulgi)

リードボーカル/メインダンサー

1994年2月10日生まれ

ウェンディ(웬디, Wendy)

メインボーカル

1994年2月21日生まれ

ジョイ(조이, Joy)

リードボーカル/リードラッパー

1996年9月3日生まれ

イェリ(예리, Yeri)

サブボーカル/サブラッパー

1999年3月5日生まれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました