【APEX】シーズン13のランクシステム変更内容を紹介

APEX シーズン13 ランクシステム 画像Game
ゲーム関連ニュース 広告(非表示中)


スポンサーリンク

【APEX】シーズン13のランクシステム変更内容を紹介

新レジェンド「ニューキャッスル」およびストームポイントの大型マップ改変など、新たな要素を取り入れたApex Legends シーズン13

その中でもランクマッチシステムが前シーズンに比べかなり変更されるということで、SNSではプレイヤーの様々な声が見受けられました。

そんなAPEXの醍醐味と言えるランクマッチにどんな影響を与えるのか注目を集めるシーズン13でのランクシステム変更内容を紹介していきます。

シーズン13のランクシステム概要

キルポイントの上限なしへ

シーズン13ではキルポイントの上限が廃止され、キル数が多ければ多いほどRPが増える仕様を採用。

参考:EAのヘルプに記載されていたキルポイントについての詳細

回復や復活ではRPを獲得できず、アシストとキルだけが対象となります。キルで獲得できるRPに上限はありませんが、キルを重ねるごとに1キルで獲得するRPは徐々に減少していきます

引用元:ea.comヘルプ


チームプレイがより重視される

APEXの基本は3人1組のチーム戦です。シーズン13では個人ポイントだけではなくチームで得られるポイントも追加されます。

内容としては、チームの誰かがキルをすると全員が一部RPを得られます。アシストの場合は今まで通り、アシストなしの場合は50%のRPが追加されます。


※デスしている(バナー回収待ち状態など)の味方にはRPは反映されません。

勝利への執着心

APEXに限らずバトルロイヤル系タイトルは生き残りを賭けたゲームです。キルはそのための手段であり勝利が目的である必要があります。

シーズン13では順位がより重要になってきます。(詳細は下記で解説)

降格保護の条件

降格保護が3回連続適応されると下位ランクのゲージ半分から再びスタートとなります。

例:ダイヤ4で降格保護が3回連続適応→プラチナ1のゲージ半分からスタート

アシストルールの変更

前シーズンまでのアシスト時間:10秒→15秒に延長されます。

ランクポイント(RP)についての変更内容解説

概要で紹介したランクポイントシステムの変更点について詳しく紹介していきます。

エントリーコスト

ランクマッチを回すにはエントリーコストが必要になります。そのエントリーコストがシーズン13では大きく変更されたので詳しく解説します。

  • ランク内(4〜1)でもエントリーコストが変動。(ゴールドの場合:ゴールド4→エントリーコスト=39RP、ゴールド1→エントリーコスト=48RP)
  • マスターの場合:1000RPごとにエントリーコストが5RP増加。(マスター15000RP→エントリーコスト=75RP、マスター16000RP→エントリーコスト=75+5=80RP 上限175RP)


キルポイント

上記がシーズン13の順位(PLACE)ポイントとキルポイント/アシストポイントの表になります。

上記がシーズン12の表になりますが、大きな変更点をまとめました。

  • 14位以下の場合:シーズン12→キルRP=10(ボーナスRP=0)、シーズン13→キルRP=1(ボーナスRP=0)
  • 1位の場合:シーズン12→キルRP=10(ボーナスRP=15)、シーズン13→キルRP=25(ボーナスRP=0)
  • キルポイント上限:シーズン12→MAX=125RP、シーズン13→キルポイント上限なし
  • 順位ポイント変更なし


例えば、シーズン12では初動で3キル/アシストできれば30RPが手に入りましたが、シーズン13では同じ条件の場合キル3RPしか手に入りません。

上記の内容から、初動ファイトのメリットが極端に下がったことがわかります。

ランク差で生じるキルポイント

例えば自分がダイヤランクで、キルした相手がプラチナだった場合にキルポイントに変更が生じます。

シーズン12とシーズン13でも少し変更があるので解説します。

  • 1ランク下のプレイヤーをキルした場合:シーズン12→キルポイント×80%、シーズン13→キルポイント×100%
  • 2ランク下のプレイヤーをキルした場合:シーズン12→キルポイント×50%、シーズン13→キルポイント×70%
  • 1ランク上のプレイヤーをキルした場合:シーズン12→キルポイント×120%、シーズン13→キルポイント×100%
  • 2ランク上のプレイヤーをキルした場合:シーズン12→キルポイント×150%、シーズン13→キルポイント×150%




大きな変更を追加したシーズン13。特にランクマッチのシステム改変は混乱を巻き起こしかねない要素が多く、EAとしても勝負に出たシーズンであると見受けられます。

この変更が革新的なものになるのか、はたまた改善の必要が出てくるのか。そんなことも含め注目度の高いシーズンになりそうです。

6月21日のアップデートによりランクシステムが一部変更されました

スプリットのリセットが6→4ランク区分に減少

例:スプリット1をプラチナ4で終了→スプリット2はゴールド4からスタート(これまでであればシルバー2からスタート)

エントリーコストの減少

全てのランク区分のエントリーコストが-10RPされます

キルポイント

大量キルの場合のキルポイントを増加

最初の3キルに対しては100%のキルポイントに設定し、その後3キルは80%、それ以降は20%に変更。


ランクの高いプレイヤーをキルした場合のキルポイントの増加

例:ゴールド帯のプレイヤーがプラチナ帯をキルした場合のキルポイント→150%(これまでであれば100%)


※上記の内容にはリーク情報も含みますので、誤りがあり次第更新させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました