Threads(スレッズ)の特徴・使い方まとめ

Threads スレッズ 特徴 使い方 画像 Entertainment

※当サイトは広告を含みます

【楽天市場】ポイント最大11倍お買い物マラソン開催中!(7/26まで)

イベントページ



スポンサーリンク

Threads(スレッズ)の特徴・使い方まとめ

2023年7月6日にリリースされたMetaの新SNS「Threads(読み方:スレッズ)」。

既存のInstagramアカウントと紐づけることで誰でも簡単に登録が完了なので難しい操作はありません。

ですが「ThreadsのSNSとしての特徴がわからない」や「どう使っていけばいいのかわからない」と思っている方向けにリリース初日で分かった特徴なり使い方を紹介していきます。

Threads(スレッズ)の特徴

投稿できる画像・写真、動画は最大10枚まで。トリミング加工も可能

・URL投稿ができる

・メンション可能

️・全角で最大500字投稿可能。長押しでテキストコピーも可能

・検索機能で探せるのはアカウントのみ。投稿は現在検索不可

・タイムラインにはオススメのみ表示される

・ハッシュタグ機能なし

・プロフィールにリンクを一つ、なんでも貼れる

・複数アカウント(サブ垢)も作成可能

・アカウントを切り替える場合はプロフィール画面右上のメニューからログアウトし、ログイン画面から変更可能 (下記は図解)

↓↓↓

↓↓↓


・リツイートではなく「再投稿」。「引用」で引用リツイート的なこともできる

・非公開アカウント(鍵垢)からの返信コメントは読むことができない

・縦長、横長投稿でも見切れない(縦横比=16:9など)

・引用した投稿にある画像も見切れない。そして複数枚投稿の場合も見切れず引用元へいかなくともスワイプして閲覧可能。

・動画の長さ=iPhoneから5分以内、Androidから59分以内まで投稿可能

・PCには現在未対応

・画像ダウンロード可能(iPhoneのみ 画像長押し)

・DM(ダイレクトメッセージ)機能なし

・下書き機能なし


Threads(スレッズ)の使い方

Threadsの使い方(投稿する方法)を画像を使って解説していきます。

投稿する場合は中央の投稿マークを選択

テキストを入力して「投稿する」を選択することで投稿が完了します。URLもこのテキスト部分に直接貼ることで添付することができます。

↓↓↓

「投稿する」の左側にある「すべての人が返信できます」を選択すると「すべての人」、「フォロー中のプロフィール」、「メンションのみ」のどれかを選択できます。

画像や動画はテキスト記入欄の下にあるクリップマークを選択することで添付することができます。

まとめ

画像や動画を1度に最大10枚投稿できるといったInstagramならではの画像投稿性能はもちろん、テキストのみの投稿も可能になったことで機能面では使い方の幅が広がったように感じます。

しかし、Instagramのような画像や動画を主としたSNSやTwitterのようなテキスト投稿が基本のSNSを好んで利用しているユーザーも多いことから、どういった位置付けになっていくかは今後のThreadsとユーザー次第かと思われます。

使い方としては現在ではInstagramユーザーがテキストで気軽につぶやきたいと思った時に利用するSNSといったポジションが一番しっくりくるのではないかと思います。

しかし、手軽に投稿できるという点ではストーリーズ(24時間で消える)とポジションが似ているように感じます。

この2つをどう工夫して使っていくかはユーザー次第といったところでしょうか。


Instagramと紐づいているのでThreadsプロフィールの右上にあるInstagramアイコンからすぐアプリの切り替えができるのは同じMeta社が運営している魅力と感じました。

Amazon Music Prime、Amazon Music Unlimitedを利用している中で

「このアーティストの曲の雰囲気に似ているアーティストを探したい」、「この曲のジャンルは分からないけど曲調がすごい好み。でも似たジャンルの曲を探したい」

と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな時に使いたいのが「プレイリスト作成」機能です。

スマホの場合、Amazon Music PrimeおよびAmazon Music Unlimitedアプリを開き「ライブラリ」→「新しいプレイリストの追加」で作成できます。

下記は試しに「K-POP」というプレイリストを作成して韓国アーティストの楽曲のみを追加した場合、下の「おすすめ」欄にK-POPの楽曲が並びます。

これを使って「ダンスミュージック」や「邦ロック」といった好みのプレイリストを作成してみると新しい楽曲に出会える近道になると思うのでぜひ試してみてください。


Amazon Music Prime

Amazon Music Unlimited

※Amazon Music Primeの場合、作成したプレイリストはシャッフルのみの再生になるので、より快適に音楽を聴きたい方はAmazon Music Unlimitedをおすすめします。


Entertainment
タイトルとURLをコピーしました