Clubhouse(クラブハウス)の招待枠を最短で増やす方法を紹介!

Clubhouse クラブハウス 招待枠 画像Entertainment

Clubhouse(クラブハウス)の招待枠を最短で増やす方法を紹介!

完全招待制のSNSチャットアプリ、Clubhouse。

日本では2021年1月下旬にサービスがスタートし、1週間でユーザーが急増しています。

ですが、完全招待制の上にユーザー1人につき招待枠は2つしかなく、2ユーザーしか招待(インバイト)することができません。

ネットでは招待枠の「増やし方を知りたい」や「いつ増えるのか分からない」といった声が集まっているので、今回は招待枠が足りなくて困っている方に向けた最短で招待枠を増やす方法を紹介します。


※この記事で紹介する方法は筆者個人の体験をもとにした紹介なので、全てのユーザーに該当するかは明確になっていないのでその点だけご了承ください。

Clubhouse(クラブハウス)の招待枠を最短で増やす方法

結論から言うと、筆者は1月30日にClubhouseを始めて、5日後の2月4日に5つの招待枠(invites)を増やすことができました。

その中で感じた最短で招待枠を増やす条件は以下の3つだと感じました。

  1. 招待したユーザーが定期的にログインしているか
  2. Clubhouseを毎日利用しているか
  3. Clubhouse内のroomでモデレーター、またはスピーカーとして会話に参加しているか

これを満たしているユーザーは高確率でClubhouseを使い始めてから5日前後に招待枠を手に入れることができると思います。もちろん、筆者本人もすべての条件を満たしました。


スポンサーリンク

招待枠の数はユーザーによって違う

Twitterでは以下のように3,4枠とユーザーによって招待枠の数がバラバラみたいです。



その中で確認した限りでは一度に5枠もらえるのが最大のようでした。

招待枠を最大の5枠手に入れる方法

上記で紹介した招待枠を手に入れる条件をもう一度確認すると

  1. 招待したユーザーが定期的にログインしているか
  2. Clubhouseを毎日利用しているか
  3. Clubhouse内のroomでモデレーター、またはスピーカーとして会話に参加しているか

これでしたね。

どうすれば5枠手に入れることができるのかと言われると、結論は上記の3条件を十分に満たすことです。

1を十分に満たすことはなかなか難しく、筆者自身も招待した2人が頻繁にログインしていたかは自信がありません。

なので、注目する条件は残りの2,3です。

2の条件については以下の画像をご覧ください。

Clubhouseを利用し始めてからどハマりしてしまったということもあり、毎日10時間近く利用していました。(SNSの利用時間がほぼClubhouseでした。笑)

この長時間の利用が関係しているのではないかと思います。聴きながら作業もできるのでずっとClubhouseを開きながら仕事をしていて、始めた当初はもう中毒になっちゃってました。

そして3の条件に関しては、友人とroomを開いたり、著名人が開いているroomでスピーカー(Speaker)として会話に2度参加させていただきました。

なので十分に3の条件を満たすには自分でroomを開き、他のroomでもスピーカーとして参加させてもらうことが重要なのではないかと思われます。


スポンサーリンク

追加で招待枠をもらったあとはすぐに招待枠が増えていく

1回目の招待枠の追加は5日前後時間がかかりますが、2回目は1日後に3枠もらうことができました。

“Thank you for inviting great new people to Clubhouse. We’ve added 3 more invites to your account!”

「Clubhouseに素晴らしい新しい人々を招待していただきありがとうございます。アカウントにさらに3つの招待を追加しました!」


1回目の招待枠を使うと、上記のような通知が1,2日後に届きます。使わないままにしておいても増えるかは試していないので分かりませんが、招待枠を使っていった方が増え続けていくのではないかと思います。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

招待枠を増やす方法をまとめると

  1. 招待したユーザーに定期的にログインしてもらう
  2. Clubhouseを毎日利用する
  3. Clubhouse内のroomでモデレーター、またはスピーカーとして会話に参加する
  4. 5枠増やしたい場合は、1,2,3の条件を満たす

これを満たしていれば確実に招待枠を最短で手に入れることができると思うので、ぜひClubhouseを毎日利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました