美しき街ローマのおすすめ観光スポット10選!永遠の都を満喫する旅をご案内

旅行
引用:Instagram

美しき街ローマのおすすめ観光スポット10選!永遠の都を満喫する旅をご案内

世界遺産と共存する街としても有名なローマ。

古代からの歴史に触れることのみならず、映画「ローマの休日」のワンシーンで有名な真実の口、パンテオン神殿など、ロケ地巡りや美しい街並み、美味しいグルメも堪能できる観光地としても人気があります!

今回はそんな魅力たっぷりなローマへ旅行に来たなら必ずおさえたい観光スポットを紹介していきます!

ローマとは

ローマ(Rome)はイタリアの首都であり、欧州有数の世界都市としても知られています。その中でも圧倒的な世界遺産の数を誇り、現在その数なんと13個!

イタリア自体世界遺産の数が世界1位で、そのうちの5分の1ほどがローマに存在します。

その理由は諸説ありますが、ローマ帝国の首都が存在したことにより、ローマに集中して遺跡が残ったということや

ローマ帝国がキリスト教を認めたことによりキリスト教に関する世界遺産が多いということが理由と言われたりしています。

こういった背景も知ることでローマという街をより楽しめると思うので、これも踏まえた上でローマ観光を堪能してほしいと思います!


スポンサーリンク

ローマのおすすめ観光スポット10選

コロッセオ(Colosseum, Colosseo)

引用:Instagram

言わずと知れた観光名所のコロッセオ。よく耳にする「コロシアム」という言葉の語源にもなっている円形闘技場です!

2000年もの歴史あるこの大きな闘技場で、多くの剣士たちの戦いが行われ、観客はそれを娯楽として楽しんでいたそうです。

その大きさは長径188mの楕円形で、収容人数はなんと8万人にも達します。

東京ドームの収容人数が5万5千人ということを考えると、その壮大さが伝わってくると思います。

高層ビルなどが存在しないローマの街並みの中にあるということもあり、訪れた時のインパクトは格別です。

コロッセオの入場料は12ユーロで、現地購入も可能です

12ユーロのチケットは、「コロッセオ」「フォロ・ロマーノ」「パラティーノの丘」の共通チケットなのでお得です。ちなみに18才以下は無料ですのでお子さん連れの方には嬉しいですね!

二日間以上滞在したい方にはローマパスというサイトでのチケット購入もお勧めします。48時間有効のチケットに加え、72時間有効のチケットがあるので、滞在期間に合わせて購入可能です。

全て英語表記のサイトですが、Google翻訳でページを日本語で読み込めばほぼ正確に翻訳してくれるので安心です。

ローマの中で一番と言ってもいい観光地ということもあり、黒人の方の押し売り等には注意してくださいね!

コロッセオの住所:Piazza del Colosseo, 1, 00184 Roma RM, イタリア

トレヴィの泉(Fontana di Trevi)

引用:Instagram

ローマにある最も巨大な人工の泉です。

映画「ローマの休日」や「甘い生活」のロケ地でも有名ですね。中央の水を司るネプチューンとしても耳馴染みのある海の神ネプトゥーヌスがトレードマークで、コインを投げる観光客の姿が印象的な観光地です。

コインを投げる意味としては1枚投げると「もう一度ローマへ来られる」、2枚投げると「愛する二人が結ばれる」、そして3枚目は「恋人と別れたい(離婚したい)」という枚数によって願い事が違うようです。

最近では警備員がいてコイン投げを注意されることがあるそうなので、投げるのが楽しくて何度も投げないようにしてくださいね!笑

トレヴィの泉の住所:00187 Roma RM, イタリア


スポンサーリンク

バチカン市国(Vatican City, Cité du Vatican)

引用:Instagram

世界一小さな国としても有名なバチカン市国は、ローマの中にある国です。ローマに存在する世界遺産の一つで、象徴的な建物サン・ピエトロ大聖堂が人気です。

サン・ピエトロ大聖堂の手前には広々としたサン・ピエトロ広場があり、4列に並ぶドーリア円柱と言われる白色の柱が284本と円柱の上には140体もの聖人像があり、広場一帯を見渡せば感動すること間違いなしです!

サン・ピエトロ大聖堂の入場料は無料ですが、醍醐味とも言える大円蓋・クーポラに上るには入場料が必要となります。

入場料は全て階段を利用される場合は5ユーロ、エレベーターを利用される場合は7ユーロになります。551段ある階段を上った後に見渡す風景は圧巻ですので、ぜひ訪れるのであればクーポラまで上ってみてください!

おすすめの時間帯は混雑を避けたいのであれば早朝が断然おすすめ。

それほど混雑は気にしないという方は、日が沈んだくらいから足を運ぶと青い夜空と街灯のオレンジの光がおしゃれでうっとりしてしまうくらいの景色を楽しめます!

雰囲気を堪能したいのであれば日が沈んだくらいから訪れるのがおすすめです。

バチカン市国の住所:00120 Roma RM, イタリア

スペイン広場(Piazza di Spagna)

引用:Instagram

ローマ中心街にある広場で、絵に描いたような幅広のトリニタ・デイ・モンティ階段が印象的な観光スポットです。この階段は通称スペイン階段とも呼ばれ、どちらかというとこちらの名称の方が知られていると思います。

ルイヴィトンやカルティエ、グッチといった高級ブランドが並ぶハイファッションストリートとしても有名なコンドッティ通りを東に抜けるとたどり着く広々とした空間が印象的なスペイン広場。

そもそもなんでイタリアにあるのにスペイン?

と疑問に思う方も多いと思いますが、その理由は広場の近くにあるスペイン大使館にちなんで名付けられたそうです!なかなかシンプルな名付け方ですね笑

こちらも映画ローマの休日でオードリー・ヘプバーンがジェラートを食べるシーンが人気のロケ地です。天気のいい日にはこのスペイン階段に座ってジェラートを頬張ってみてはいかがでしょうか?

スペイン広場の住所:00187 Roma RM, イタリア


スポンサーリンク

フォロ・ロマーノ(Foro Romano)

引用:Instagram

ローマ市街に存在する世界遺産のも登録されている古代ローマの遺跡です。コロッセオから徒歩間も無くして到着するその広々とした空間が印象的。

2000年前の政治・経済の中心的な場所として栄えていたのですが、395年のであったのですが、ローマ帝国が東西に分裂したことによる状況悪化により土砂で埋もれることになります。その後19世紀に発掘作業が行われ、現在の遺跡の状態となりました。

見どころはが綺麗な状態で残っている古代ローマ時代の建造物たちを間近で見て感じられます。

当時栄えていた場所であったことや19世紀まで埋もれていたという過去があり、歴史を感じられる反面、少し殺伐とした雰囲気もある不思議な空間なのでぜひ訪れてみて欲しい観光スポットです!

フォロ・ロマーノの入場料は12ユーロ。コロッセオ・パラティーノの丘との共通チケットとなっているのでお得なチケットとなっています。

18歳以下の子供は無料で、毎月第一日曜は無料で入場できるので、予定を柔軟に決められる方は第一月曜日にいくとお得です!

営業時間

1/2~2/15:8:30~16:30
2/16~3/15:8:30~17:00
3/16~3月最終土曜:8:30~17:30
3月最終日曜~8/31:8:30~19:15
9/1~9/30:8:30~19:00
10/1~10月最終土曜:8:30~18:30
10月最終日曜~12/31:8:30~16:30

※最終入場時間は、全日閉場の1時間前となっています。



フォロ・ロマーノの住所:5/6, 00186 Roma RM, イタリア

パラティーノの丘(Palatinus, Palatino)

引用:Instagram

フォロ・ロマーノに隣接している丘です。ローマには七つの丘があり、その中でもっとも古くい丘がこのパラティーノの丘です。

以前は同じ丘にあるケルマヌスという頂と区別されていましたが、現在は全体でパラティーノ(パラティヌス)と呼ばれています。

園内帝政ローマ期の庭園、競技施設跡としても知られるドミティアヌス帝によって建てられたとされる「スタディオン(Stadio palatino)」跡地や

帝政ローマ期の宮殿跡「ドムス・セプティミ・セウェリ」など見所がたくさん!歴史に触れることはもちろん壮大なスケールで残っている建造物に心動かされること間違いなしです!

こちらも12ユーロの共通チケットで入場可能です。営業時間もフォロ・ロマーノと同じで、隣接しているということもあるのでこの二つはセットで回りましょう!

パラティーノの丘の住所:00186 Roma RM, イタリア


スポンサーリンク

サンタンジェロ橋(Ponte Sant’Angelo)

引用:Instagram

テベレ川にまたがる5つのアーチが印象的なサンタンジェロ橋。キリストの受難と関係のある像が両側に並んでいるこの橋は有名な観光地サンタンジェロ城へ通じる橋としても知られています。

正面から見るのもサンタンジェロ城とセットとなり風情のある景観ですが、横から見るサンタンジェロ橋の美しく描かれたアーチは絶品です。

この写真の位置から橋を眺めると、バックにサン・ピエトロ大聖堂の象徴的なクーポラ(頂上にあるドーム状の屋根)がセットで写り込むので感動的な景観を味わえます!

夜になるとライトアップもされるので、青い夜空とセットで楽しむのもおすすめです。

昼間は観光客で賑わっている印象があるので、少し落ち着いたタイミングで訪れたいという方はぜひディナーの後に足を運んでみてください!

サンタンジェロ橋の住所:00186 Roma RM, イタリア

真実の口(Bocca della Verità)

引用:Instagram

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の壁に飾られている有名な石造です。彫られている人物は海の神であるトリトーネで

「嘘や偽りの心をもつ人間は手を入れると手を切り落とされる」

という伝説があることで人気の観光スポットですね!

こちらも映画「ローマの休日」の劇中でグレゴリー・ペック演じる新聞記者のジョーとオードリー・ヘプバーン演じるアン王女が訪れたシーンとしても印象的で、その影響もあり世界的に人気を呼びました。

入場量は2ユーロで、営業時間は9:30−17:00(冬期)、9:30−18:00(夏期)です。

友人と足を運ぶことはもちろん、家族や恋人とも盛り上がれる観光スポットなのでぜひ訪れてみてください!

真実の口の住所:18 00186 Roma RM, イタリア

観光地を巡った後は「ブラマンテの回廊」でくつろぎの時間

引用:Instagram

観光をしている途中やその日の観光がひと段落した後にカフェでゆったりとした時間を過ごすのも旅の醍醐味です!

ブラマンテの回廊とも呼ばれるキオストロ デル ブラマンテ(Chiostro del Bramante)の2階にあるカフェは歴史のある空間で心地よく落ち着くことができます。

それ以外にもブラマンテの回廊では数多くのイベントや美術館などエンタメ要素もあるのでふらっと立ち寄ってリフレッシュしてはいかがでしょうか?



ブラマンテの回廊は毎日10:00~20:00まで、週末は10:00~21:00まで営業しています。

ブラマンテの回廊の住所: 5 00186 Roma RM, イタリア





魅力溢れる街ローマ。訪れるからにはおすすめ観光スポットや歴史的背景など予習してから行きたいものですよね!

たくさんの観光スポットを巡るのも楽しいですが、少数の観光地ひとつひとつを存分に味わうという時間の使い方も学ぶものがたくさんあると思うので、ぜひ自分がどんな旅をしたいかと相談して決めてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました