リリー・コリンズ(Lily Collins)のプロフィールやおすすめ出演映画を紹介!

リリーコリンズ 画像映画
引用:Instagram

リリー・コリンズ(Lily Collins)のプロフィールやおすすめ出演映画を紹介!

映画やモデルを中心に世界中で愛される絶世の美女リリー・コリンズ

次世代のオードリー・ヘプバーンとも称されるほどのルックスと透明感で人気が絶えない彼女のプロフィールに加え、最新作含める全作品の中からおすすめ出演映画ピックアップして紹介します。

リリー・コリンズ(Lily Collins)とは

本名:Lily Jane Collins(リリー・ジェーン・コリンズ)
誕生日:1989年3月18日
身長:165cm
出身:イギリス・イングランド・サリー州ギルフォード
職業:女優、モデル

インスタグラム:lilyjcollins

リリー・コリンズは現在女優兼モデルとして活動しています。

イギリス出身で父は父はイギリスのミュージシャンであるフィル・コリンズで、その父と2番目の妻との間に生まれるも、両親が離婚。

5歳で母と共にアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスへ移住し演劇を学びます。

2歳の頃にテレビシリーズ「愉快なシーバー家」の英国版に出演しており、それが彼女の女優キャリアの始まりでした。

2008年、南カリフォルニア大学大学院のアンネンバーグコミュニケーション学部に通い、翌年の2009年に映画「しあわせの隠れ場所」にコリンズ・テューイ役で出演。

2012年には映画「白雪姫と鏡の女王」「ハッピーエンドが書けるまで」に出演し脚光を浴びます。

それから主演の作品が増えるようになり、2013年には映画「シャドウハンター」2014年には「あと1センチの恋」の主演を務め、ハマり役を熱演。

映画「シャドウハンター」で共演したジェイミー・キャンベル・バウアーは当時交際関係にありました。

2016年には映画「ハリウッド・スキャンダル」にて第74回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ映画部門の主演女優賞にノミネートされています。

モデルとしては2008年にはスペインの「グラマー」誌で最優秀国際モデル賞に選ばれ、2009年には表紙を飾っっています。

フランスの化粧品ブランド「ランコム」の新たな宣伝大使に加え、数多くのファッションブランドモデルとして活動しています。

映画やモデルだけではなくジャーナリズムとしての活動経験があり、10代の頃にイギリスのファッション誌「ELLE Girl」「LAコンフィデンシャル」という欄を開設し、記事を投稿。

その他アメリカの人気日刊紙「ロサンゼルス・タイムズ」などにもコラムを書いています。

見放題作品数No.1!今すぐU-NEXTを始めよう



スポンサーリンク

リリー・コリンズ(Lily Collins)のおすすめ出演映画

あと1センチの恋(Love, Rosie) (2014)

この映画でリリー・コリンズを知った方も多いのではないでしょうか。幼なじみのアレックスを演じたサム・クラフリンとハマり役を演じ、感動的なラブロマンスとなっています。

パーティーにいったある日、以前にダンスを申し込まれたグレッグ(クリスチャン・クック)と一夜を共にしてしまい、妊娠してしまったロージー(リリー・コリンズ)。

幼なじみのアレックス(サム・クラフリン)とはハーバード大学医学部に、ロージーはボストン大学へ行く予定でしたが、妊娠をきっかけに、ボストン大学への進学断念。

そのことをアレックスに伝えると心配するため、内緒でイギリスに残ることにするも、急遽帰国したアレックスにその事実を知られ、、、

というあらすじになっています。

学生時代のロージー、母親時代のロージーの服装やメイクはもちろん、すれ違う2人の感情を主とした心動かされる場面も多い人気作品です。


スポンサーリンク

ハッピーエンドが書けるまで(Stuck in Love) (2012)

父と娘と息子の3組がそれぞれの愛と向き合うヒューマンドラマ。

その中に少しシリアスな問題を交えながらテンポよく展開されていくストーリーが面白いです。

娘役として出演しているリリー・コリンズに加え、父と別れた妻役で出演しているジェニファー・コネリーの絶対的美しさにも心癒される作品です。

しあわせの隠れ場所(The Blind Side) (2009)

ホームレスを経験し過酷な少年時代を過ごするも、ある家族との出会いによって才能を開花させ、ドラフト1位指名でプロアメリカンフットボール界のデビューを飾ったマイケル・オアー選手を描いた実話です。

サクセスストーリーでありながら爽快感だけでなくマイケル・オアーを中心として映し出される家族の愛情にほっこりし感動もする完成度高い作品になっています。

最近涙を流していない方におすすめです。


スポンサーリンク

シャドウハンター(The Mortal Instruments: City of Bones) (2013)

カサンドラ・クレアの小説「シャドウハンター 骨の街」を原作としたファンタジー映画です。

リリー・コリンズ演じる15歳の少女クラリーとシャドウハンターという妖魔と戦う一族の物語設定で、アクションシーンの完成度も高く、トワイライトシリーズといった禁断の愛が描かれた作品が好きな方におすすめです。

オクジャ/okja(Okja, 옥자 ) (2017)

映画「パラサイト 半地下の家族」で第92回アカデミー賞6部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を受賞し一斉を風靡したポン・ジュノ監督のNetflixオリジナル作品。

チリで発見されたという巨大な子ぶた「スーパーピッグ」をどれだけ優秀なスーパーピッグを育成できるかを競うというストーリーになっており、CG技術にも称賛を得ています。

その中で生きるためには他の生き物の命を奪わなければならないというテーマに加え、動物と人間との関係についても取り上げているので、少しデリケートな作品なので、観賞後、どういった感情が自分自身の中に残るか賛否を問われていて見応えがあります。

レッドを演じるリリー・コリンズの赤色のショートヘアーも印象的。



映画やモデルだけでなく、幅広い活動を展開していく今後のリリー・コリンズから目が離せません。

見放題作品数No.1!映画を見るならU-NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました