安斉かれん(あんざいかれん)のプロフィールやインスタを紹介!ドラマ「M 愛すべき人がいて」の浜崎あゆみ役で話題

安斉かれん 画像エンタメ
引用:Instagram

安斉かれん(あんざいかれん)のプロフィールやインスタを紹介!ドラマ「M 愛すべき人がいて」の浜崎あゆみ役で話題

2019年から歌手として活動している安斉かれんさん。

2020年4月18日(土)夜11:15からスタートしたアユこと浜崎あゆみの誕生を描いたテレビ朝日系ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」にて主演の本人役で出演し、女優としての彼女の演技にも注目が集まっています。

今回はそんな彼女のプロフィールやインスタ、ドラマの役柄について紹介します。

安斉かれん(あんざいかれん)のプロフィール

View this post on Instagram

#m愛すべき人がいて #kalenanzai

A post shared by 安斉かれん (@kalenanzai) on

名前:安斉かれん(あんざいかれん、Kalen Anzai)
誕生日:1999年8月15日
出身:神奈川県藤沢市
身長:158cm
職種:ミュージシャン
所属事務所:avex(2019~)
憧れのアーティスト:アリアナ・グランデ、セリーナ・ゴメス、アリシア・キーズ

安斉かれんさんは現在ミュージシャンとして活動しています。

小学生の頃からエレクトーン奏者に憧れ、エレクトーンを始め、父親に連れられて見たイギリスの人気ロックバンドザ・ローリング・ストーンズのライブで見たサックス演奏に惹かれ、中学生時代は吹奏楽部に入り、アルトサックスを学びます。

それと同時期にロックも聴き始めるようになり、幅広い音楽に触れるようになります。

父親の趣味が音楽だったこともあり、幼いころから興味の惹かれるものは楽器ばかりだで、将来的には音楽に関する職業に就こうと思っていたそう。

高校時代には歌も始めるようになり、高校1年の頃にavexの原宿アカデミーに通い始めます。

2019年5月に16歳の時に書かれたデジタルシングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をリリースし、avexからデビューを果たします。

デビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」MV



同年7月、2枚目のシングル「誰かの来世の夢でもいい」、10月にはアニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマに起用されたことでも人気を集めた3枚目のシングル「人生は戦場だ」と短期間に3枚のシングルをリリース。

「誰かの来世の夢でもいい」MV


「人生は戦場だ」MV



2020年4月にシングル「FAKE NEWS REVOLUTION」をリリースしYoutubeのMV再生回数は短期間で100万回再生を超える人気ぶりを魅せました。

「FAKE NEWS REVOLUTION」MV



ポップスやダンスミュージック寄りの楽曲が多く、ドラマで演じている浜崎あゆみさんの音楽性とどこか似た印象の歌声ということもあり、主演に抜擢されたということであればうなずけますね。

音楽性だけでなく、顔つきについても昔の浜崎あゆみに似てるとSNSで好評となりました。

楽曲「FAKE NEWS REVOLUTION」好評発売中


スポンサーリンク

安斉かれん(あんざいかれん)のインスタ・モデル画像

安斉かれんさんのインスタグラムではミュージシャンとしてのリリース情報やビジュアル画像に加え、モデルやコスプレ写真といった多彩な画像が投稿されています。

2019年4月に女性アーティストとしては初となる人気コスメティック・ブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルモデルを3ヶ月務めた経験もあり、ミュージシャンのみならずファッション業界からも注目を集めています。

View this post on Instagram

#POSTOKYO #POSGAL #kalenanzai

A post shared by 安斉かれん (@kalenanzai) on

安斉かれんさんのビジュアル系統から浮かぶのは「ギャル」という3文字。

現在では次世代型ギャル、いわゆるポス(ポストミレニアル)ギャルとしてギャル界隈で人気を集めており、次世代型カルチャーマガジン「POSTOKYO.JP(ポストーキョー)」でも紹介されています。

ドラマ公開前まではそのルックス・スタイルの良さから「本当に実在するのか?」とCGで作られた人物なのではないかと疑問が生まれるほどの異次元なギャルっぷりでSNSを賑わせていました。

ちなみに以前は渋谷のギャル向けの古着&アンテナショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」の店員としても働いていたことがあるそうです。

安斉かれん(あんざいかれん)のドラマでの役柄

テレビ朝日ドラマ「M 愛すべき人がいて」でヒロインの浜崎あゆみを務めた安斉かれんさん。

今回のドラマでの役回りは地元福岡県から上京し、苦難を乗り越え人気シンガーになるまでの浜崎あゆみさんを演じており、垢抜けない少女の雰囲気や、有名に成り上がっていく過程で徐々に有名シンガーたる気迫のある女性になりきれるか期待が高まっています。

放送がスタートし、視聴者の反応は

「浜崎あゆみとそっくりでハマり役」

という感想や

「演技が下手」

という感想も多々見受けられました。

ダブル主演のレコード会社「A VICTORY」プロデューサーのマサ役である三浦翔平さんや水野美紀、田中みな実といった演技派俳優陣の中で元々のキャリアがミュージシャンであり、初ヒロインを演じる安斉かれんさんの演技は少し目立ってしまうのかもしれません。





今後の女優キャリアも見据え、このドラマの出演をきっかけに実力を伸ばした彼女の幅広い媒体での活躍に期待が高まります。

ノンフィクション作家小松成美による本ドラマの原作「M 愛すべき人がいて」絶賛発売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました