アンテロープキャニオンへ個人で予約する方法と行き方

旅行

アンテロープキャニオンへ個人で予約する方法と行き方

ラスベガスからの観光ツアーでもよく知られている「グランドキャニオン」や「ホースシューベンド」、そして今回紹介する「アンテロープキャニオン」もツアーによってはプランに含まれています。ですが今回はツアーではなく、ロードトリップとして個人で行く方法を紹介していこうと思います。

アンテロープキャニオンは事前予約が必須

当日、現地での予約はおすすめしません。混み具合によっては、日中には予約が終了してしまう可能性があります。観光ツアーですと、その手間はかかりませんが、個人で行く際はこちらのサイトで予約しましょう。(ロウアーアンテロープキャニオン)


スポンサーリンク

ロードトリップが断然おすすめの理由

もちろんレンタカーをして見知らぬアメリカのハイウェイを走り抜けることには少し勇気が必要です。遠い場所まで本当にたどり着けるのか、とても不安になるかと思います。ですが、そういった感情を乗り越えることプラス、たどり着いた時の達成感が感動を倍増させるのです。さらに、団体行動をしなくて良いので、のびのびと余裕を持って旅ができます。ですので、ロードトリップ可能な人や、ロードトリップしたいけどな〜、と考えている方は是非挑戦してみて欲しいです。道中で新しい発見も必ずあります。寄り道しちゃいましょう!

注:ちなみに、国際免許取得可能な年齢は、渡航時に満21歳が条件です。(レンタカー予約時は20歳であっても予約は可能です)

場所はホースシューベンドのすぐ近く

アンテロープキャニオンの所在地:Indian Route 222 Page, AZ 86046 United States

ロードトリップをする方は、アンテロープキャニオン単発で行く人は少ないと思います。なぜなら、向かう道中に、「グランドキャニオン」も「ホースシューベンド」も行くことが可能だからです。ですので、アンテロープキャニオンだけではなく、道中の観光スポットも顔を出してみましょう!有名ではなくても、心惹かれる場所がたくさん存在します(鉄道の廃線など)ので、忘れられない光景に出会えることと思います。

ベストタイミングは正午過ぎから15時にかけて

アンテロープキャニオンは、断崖絶壁の「グランドキャニオン」などとはベストタイミングが違いますので、注意してください。岩の隙間からのこぼれ日が一番幻想的なので、なるべく日の高いタイミングでツアーを予約しましょう。グランドキャニオンは夕日が落ちるタイミングが絶景ですが、アンテロープキャニオンはその時間帯にはもうすでに全てのツアーが終わっています。


スポンサーリンク

写真で見るのとは大違い

これは全てのことに言えることだと思いますが、特にアンテロープキャニオンは雰囲気や空気感が思っていたものと違っていました。夏に行ったのですが、アンテロープキャニオンの空間はとても涼しく、少し肌寒いくらいでした。この感覚も行くまでは想像もしていなかったので、びっくりしました。人数を限定して行くツアーなので当たり前かもしれませんが、とても静けさのある神聖な場所だとも思わされました。これはあくまで私の意見ですので、みなさんが行った時は、また違った空気感を漂わしているかもしれませんので、是非確かめに行ってもらいたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました